疑問やわからないことはすぐにググれ!

ぐぐりますた

野球のピッチャーのスピードを上げるための鍛え方を教えます!

   

野球のピッチャーのスピードを上げるための鍛え方を教えます!

プロ野球を見てるとピッチャーが投げる球の150㎞を超えるスピードに圧倒されてしまいますよね。

そこまでは無理だとしても、素人でもスピードを上げるためにはどの筋肉を鍛えればいいの?筋トレで注意することは?

これで球速アップ!ピッチャーの球のスピードを上げる方法をまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

会社の同僚や仕事関係の香典を渡す範囲について

香典を出す時の金額は会社の同僚や仕事関係の取引先だといくらぐ...

髪の毛をショートにして失敗した時のスタイリングのコツ!

長い髪の毛からショートにするってドキドキしますよね。 ...

流産のあと出血が続く日数は?知っておきたい流産後の知識

悲しいことにせっかく授かった命とのお別れである流産。女性にと...

毎日腹筋50回するよりゆっくり10回程度の方が効果的!?

毎日腹筋50回してダイエットするぞ!と意気込んでいる方も多い...

自分の鼻が臭い?こするとさらに臭い気がする。原因は皮脂と雑菌!

なにげなく鼻のあたりをこするとなぜか臭い? 意外に多くの人が...

猫が便秘なって1週間!猫の便秘解消方法をご紹介!

飼い猫が便秘かもしれない…便を1週間出していない…そんな不安...

東京大阪間で単身赴任する時に役立つ情報をお届け!

東京から大阪へ、また大阪から東京への転勤が決まった場合、単身...

蜘蛛退治にアロマが効果的?アロマの配合レシピもご紹介!

室内に蜘蛛を見つけたら退治する必要がありますが、小さな子供が...

大学の就活の面接で尊敬する人物はこう答えれば問題なし!

大学の就活の面接で良く聞かれるのが「尊敬する人物」ではないで...

窓用エアコンは雨の日の使用はNG?その理由を教えます!

窓用エアコンが人気といいますが、雨の日には使わない方がいいと...

バイクのチェーンが伸びるとどうなる?交換の目安もご紹介します

走行距離が長くなったり、ハードな運転をするとバイクのチェーン...

トマトアレルギー!?トマトの離乳食を嘔吐した原因と対処法

赤ちゃんに初めてトマトを離乳食であげたとき、嘔吐してしまった...

猫の鼻水の吸引の方法とは?猫の鼻水の対処方法についてご紹介

猫の鼻水を吸引するにはいったいどんな方法があるのでしょうか?...

メダカの水槽に入れてる水草が腐る原因やお勧めの水草

メダカの水槽に入れている水草が溶けたように腐る原因は何でしょ...

アボカドの栽培で実ができるまで何年かかる?そのコツをご紹介!

森のバターと呼ばれている「アボカド」。実際に栽培してみたいと...

耳に感じる違和感は病気が原因?時々であっても要注意!

耳にいつもじゃないけど時々違和感を感じる・・・そんな場合、ど...

ボルタレンやロキソニンを親知らずを抜歯したら処方される

親知らずを抜歯後に処方される薬としてボルタレンとロキソニンが...

ハーブのシャンプーの作り方とは?体に優しいハーブシャンプー

なんだか普通のシャンプーだと汚れが落ちていないような・・・?...

子猫の保護。衰弱しているときの対処法と先天的な病気教えます

たまたま衰弱した子猫を発見!そんなときはどうしたらいいの? ...

アルブミンの低下した犬の病気の原因と治療法について

アルブミンが低下する犬の病気とはどのような症状なのでしょうか...

スポンサーリンク


野球でピッチャーの球のスピードアップ必要な筋力とは?

速い球を投げるのに必要な筋力とは、どの筋力なのか?
全身の筋力がバランス良く付いているのがもちろんベストですが、速い球を投げるのに特に必要な筋力を考えてみます。

まず思い付くのが肩の筋力。
回旋筋腱板(ローテーターカフ)と呼ばれる、棘上筋・棘下筋・肩甲下筋・小円筋からなる肩を動かす上で重要な筋肉群があります。
よく聞く”肩のインナーマッスル”とはこの回旋筋腱板のことを指します。
肩甲骨と腕の骨を繋ぐ間接を安定させる役割を持っており、肩の故障は回旋筋腱板が弱まったり他の筋肉とのバランスが崩れたことが原因となる場合がほとんどです。

次に腕の筋力。
腕の筋肉と言うと上腕二頭筋(いわゆる力こぶ)など上腕の筋肉をイメージしますが、速い球を投げる為に必要なのは前腕の筋肉。
手首や指といったリリース時に最後の一押しとして力を発揮する筋力です。
リリース時にはボールに、腕の振りに抵抗する強大な力がかかっています。
手首や指の筋力が弱いとその力に負けてボールが抜けてしまい、最後まできちんとボールを押し出し切れなくなってしまいます。
なので、速い球を投げるのに手首や指の筋力は必要になります。
また、高めに球が抜けるのも防ぐなどコントロールにも関係してきます。

引用元-球速を決める要素とは?球速アップの方法を考える 野球の変化球の投げ方・握り方&球速アップ方法研究所

野球のピッチャーのストレートのスピードアップに必要なことは?

球速の速い投手はテイクバックが長く、肩が下がり、胸を極端に張り、下半身から伝えたパワーと背筋と、腕の振り、スナップ、すべてがバランス良く完結する特徴があります。

しかし、「腕投げ」と言われるような速球投手が多いのです。

その「腕投げ」と言われる投手の特徴は、「背筋」と「腕のインナーマッスル」に比重を置いたように見えるファームであることです。(実際は下半身も使ってます)

腕を早く振れることが、球速アップには重要ですが、じゃあ、どうやって腕の振りを早くするのか?ってところで、「腰の回転」と「背筋」が重要ということがわかります。

ここだけを意識すると、体の開きが早くなってしまうので、下半身からの腰→背筋に力が移っている感覚を覚えることが重要です。

そして、最後に腕を思っ切り振る、すなわち腕の筋肉が必要となるのですが、ここでは目に見える筋肉「アウターマッスル」ばかり使うと肩を壊すので、「インナーマッスル」が強い筋肉で腕を振れることが重要です。

引用元-球速アップ(ストレート)のトレーニングは背筋と足腰が重要?インナーマッスルと球速の関連性(結局投球フォーム) | MLBeat

野球のピッチャーのスピードアップのための筋トレには注意が必要!

筋肥大トレーニングをすると誰もが陥りやすい罠があります。

競技力向上が目的で筋肥大を目指しているのに、筋肉は鏡で見て目に見えて大きくなっていくので、いつのまにか筋肉を大きくすることが目的になってしまいます。

また、球速が日々上がっていけば、この練習で大丈夫だという安心感が得られるのと同じ原理で、ウエイトトレーニングで重いものが日々上がるようになっていけば、球速も速くなるんだという間違った安心感を自分の中で作り出してしまいます。

この罠に陥ると、どんどんウエイトを上げて、どんどん強度の高いウエイトトレーニングを行うようになっていきます。

球速を強化している気分で、実際には「効率の悪い動きを強化」している事になります。球速を早くするためのトレーニングとしては逆行したトレーニングをしているということです。

筋肉を鍛えてモテたいとか、かっこいい男になりたいなら、それでよいですが。動作を壊すようなウエイトトレーニングは本末転倒になりますから、注意してください。
引用元-ウエイトトレーニングはやり方次第

ピッチャーの球速アップのためには太ももを鍛えよう!

太ももの筋肉は、表側にある大腿四頭筋(だいたいしとうきん)と、裏側にある大腿二頭筋(だいたいにとうきん)で形成されています。
これらの筋肉は主にひざの曲げ伸ばしの際に使われますが、スポーツをする上でもとても重要な役割を果たしています。

野球のピッチング動作において太ももを鍛えることは、上半身の激しい動きをしっかりと支える土台作りとして、大きな意味があります。

太ももを鍛えるトレーニング方法としてはスクワットが最も効果的で、これは太ももだけでなくあらゆる筋肉を鍛えることができます。

他には、大腿四頭筋を集中的に強化するレッグエクステンション、大腿二頭筋を集中的に強化するレッグカールなどのマシントレーニングもあります。

大腿二頭筋は比較的鍛えるのが難しい筋肉なので、バランスよく強化することが大切です。また、野球のピッチング動作は、片脚を上げる動作や、片脚に体重を乗せた状態から横方向へ重心移動をした後の急激な停止が特徴的です。

片脚を上げる動作のためには片脚スクワットを、重心移動後の姿勢を保つためにはサイドランジを、前述のトレーニングと併せて取り入れ、効果的に太ももを鍛えることをお勧めします。
引用元-太ももの鍛え方 | 球速上げ方・球速アップトレーニング

小学生の野球で球威を上げるために必要な体の使い方とは?

「体の使い方」は、自分イメージした通りに力を発揮できるかがポイントです。

例えば、遠投50mを投げる子が二人います。一人は70m投げる力があるのに対し、もうひとりは50mが最大の選手。

あなたならどちらに伸び代を感じますか?ほとんどの人が前者に伸び代を感じるんです。

というのも、小学生の時期は体の大きな子が前者に多く、後者は体の線が細かったりまだ小さかったりする子が多いためです。

でも中学・高校・大学にかけて伸び幅が大きいのは後者です。

上達にはたくさんの要素がありますが、50m投げる力を出し切る後者は体の力を使い切る術を知っているというのが最大の理由です。

球に強い力を与える力の出し方・体の使い方をつかんでいれば、体の発達に比例し球威が増します。

逆に力の出し方がわからないと、いくら筋力をつけても球威が伸びません。体が大きく力のある子は、上半身の力だけでもある速い球を投げることができてしまいますので、

小学生の時期は見た目の球速・球威ではなく、持っている力を出し切ることを意識して投げて欲しいです。

引用元-球速を上げる方法がわからない!小学生が取り組んでおくべき2つの課題|お父さんのための野球教室(指導方法・上達のコツ)

ツイッターでのつぶやきや口コミ


https://twitter.com/sun2kagayaki827/status/754183338408239105


https://twitter.com/chiii24krts/status/733407581658447877

 - スポーツ

ページ
上部へ