疑問やわからないことはすぐにググれ!

ぐぐりますた

車にはタワーバー!その効果とメリット・デメリット!

   

車にはタワーバー!その効果とメリット・デメリット!

車のボディ補強部品として知られる【タワーバー】。その効果は大きいのでしょうか?

タワーバーを装着した場合のメリットとデメリットは?つけたことによる効果はやっぱり大きいの?

タワーバーをつけた車の効果とメリット・デメリットについてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

会社の同僚や仕事関係の香典を渡す範囲について

香典を出す時の金額は会社の同僚や仕事関係の取引先だといくらぐ...

髪の毛をショートにして失敗した時のスタイリングのコツ!

長い髪の毛からショートにするってドキドキしますよね。 ...

流産のあと出血が続く日数は?知っておきたい流産後の知識

悲しいことにせっかく授かった命とのお別れである流産。女性にと...

毎日腹筋50回するよりゆっくり10回程度の方が効果的!?

毎日腹筋50回してダイエットするぞ!と意気込んでいる方も多い...

自分の鼻が臭い?こするとさらに臭い気がする。原因は皮脂と雑菌!

なにげなく鼻のあたりをこするとなぜか臭い? 意外に多くの人が...

猫が便秘なって1週間!猫の便秘解消方法をご紹介!

飼い猫が便秘かもしれない…便を1週間出していない…そんな不安...

東京大阪間で単身赴任する時に役立つ情報をお届け!

東京から大阪へ、また大阪から東京への転勤が決まった場合、単身...

蜘蛛退治にアロマが効果的?アロマの配合レシピもご紹介!

室内に蜘蛛を見つけたら退治する必要がありますが、小さな子供が...

大学の就活の面接で尊敬する人物はこう答えれば問題なし!

大学の就活の面接で良く聞かれるのが「尊敬する人物」ではないで...

窓用エアコンは雨の日の使用はNG?その理由を教えます!

窓用エアコンが人気といいますが、雨の日には使わない方がいいと...

バイクのチェーンが伸びるとどうなる?交換の目安もご紹介します

走行距離が長くなったり、ハードな運転をするとバイクのチェーン...

トマトアレルギー!?トマトの離乳食を嘔吐した原因と対処法

赤ちゃんに初めてトマトを離乳食であげたとき、嘔吐してしまった...

猫の鼻水の吸引の方法とは?猫の鼻水の対処方法についてご紹介

猫の鼻水を吸引するにはいったいどんな方法があるのでしょうか?...

メダカの水槽に入れてる水草が腐る原因やお勧めの水草

メダカの水槽に入れている水草が溶けたように腐る原因は何でしょ...

アボカドの栽培で実ができるまで何年かかる?そのコツをご紹介!

森のバターと呼ばれている「アボカド」。実際に栽培してみたいと...

耳に感じる違和感は病気が原因?時々であっても要注意!

耳にいつもじゃないけど時々違和感を感じる・・・そんな場合、ど...

ボルタレンやロキソニンを親知らずを抜歯したら処方される

親知らずを抜歯後に処方される薬としてボルタレンとロキソニンが...

ハーブのシャンプーの作り方とは?体に優しいハーブシャンプー

なんだか普通のシャンプーだと汚れが落ちていないような・・・?...

子猫の保護。衰弱しているときの対処法と先天的な病気教えます

たまたま衰弱した子猫を発見!そんなときはどうしたらいいの? ...

アルブミンの低下した犬の病気の原因と治療法について

アルブミンが低下する犬の病気とはどのような症状なのでしょうか...

スポンサーリンク


車にタワーバーをつけたらどんな効果があるの?

実験データがあるのですが、ある車(車高調付き)にタワーバーを導入しました
そして、決められた速度でコーナーを曲がってもらいます。

コーナーを曲がるということは、車がロール(傾く)します。
ダンパー(サスペンション)にはあらかじめ目印を付けておいて、どれだけダンパーが沈み込んだのかを走り終わった後に確認しました。

結果は…
タワーバーありが50mm
タワーバー無しが40mm
でした。

そうです!タワーバーを付けると車がロールするのです!

スポーツ走行をする人はこのロールを嫌がります…それを抑えるために、硬いバネを使います。

でもボディ補強したらロールしちゃいます…なぜでしょう?

タワーバーを付ける場所は、サスペンションの真上です。左右のサスペンションの頭を繋ぎ合わせるのが一般的ですね。

そうすると、サスペンション取り付け部の剛性が上がります。
サスペンション取り付け部の剛性が上がるので、ダイレクトにサスペンションに力が加わります☆
なのでダンパーのストローク量が増え、結果ロールするということに結びつきます。

引用元-タワーバーの効果!意外と知らないメリットとデメリット! | ちゃまブロ!

車にタワーバーを装着した時にはどんな効果を感じられる?

利点はコーナーリング時にロール(遠心力による片方のサスの沈み込み)が低減され、姿勢を安定させ運転しやすくしコーナーリングスピードも速くする手伝いをします。
他に車の横方向の剛性アップにもなります。
あとは見た目ですかね。ボンネット開けてタワーバーが入ってるだけでなんかカッコよかったりします。

欠点は結局のところ副次的なパーツということに尽きます。
利点であげた安定性やコーナーリングスピードはサスペンション交換を行い車高を下げ硬めにセッティングすることで得られるものです。
タワーバーを入れただけで体感出来るぐらい変わるかは疑問です。
それとクラッシュ時に片側のサスが逝くと自動的に反対側も逝きます。これは構造上仕方ないですね。
引用元-車にタワーバーを装着すると、どのような効果があるのですか?また、利… – Yahoo!知恵袋

前と後ろに入れますが、特に前に入れるとハンドリングが「しゃっきり」します。
カーブを曲がるときなどに今までよりダイレクト感があります。これは私のような素人でも体感できました。中古で少しくたびれた車なんかだと余計に差が出ますね。
引用元-車にタワーバーを装着すると、どのような効果があるのですか?また、利… – Yahoo!知恵袋

車にタワーバーを装着したことで得られる効果とは?

 クルマは走行中、外からかかる力(路面からの入力)によってボディがしなったり、ねじれたり、目に見えないレベルではあるが、ゆがみが生じている。「ボディ剛性」というコトバを聞いたことがあると思うけど、剛性が高いボディはゆがみが小さく、剛性が低いボディはゆがみが大きくなるのだ。

では、ボディがゆがむとどうなるか? ボディをある程度しならせることは、路面からの衝撃をボディが吸収してくれるので、快適性の向上につながることもある。
しかし、ボディがゆがむと路面へと伝えたい力もいっしょに吸収されてしまうことになり、コーナリング性能やトラクション性能が下がってしまうのだ。
しかも、どれくらいゆがむかをドライバーが知るのはむずかしく、スポーツ走行となるとそのゆがみによってクルマの挙動が不安定になる。すると、クルマがドライバーの意図とはちがう動きをしてしまい、コントロールしにくくなってしまうのである。

そこで、スポーツ走行を楽しむためには、ボディ剛性のアップが必須となるわけだが、なかでも手軽で効果的なのが、フロントストラットタワーバーの装着だ。

サスペンションを固定しているストラットタワーまわりは、路面からの入力を受けやすい部分で、とくに操舵を行うフロントはハンドリングへの影響も大きい。
コストを優先する自動車メーカーが、フロントにストラットタワーバーを純正採用することがあるのも、ハンドリング性能を上げるため。それだけ大きな効果が得られる、ボディ補強パーツということなのだ。
引用元-【 PR 】 CUSCO

タワーバーをつけることでこんなデメリットも

ストラット タワーバーのデメリットは、コーナリング時のロール量が増えることと、それに伴って乗り心地が悪化することです。

ストラットタワーバーを装着するとサスペンション取り付け部の剛性が上がります。
すると、ボディをねじらす力の分がサスペンションに行き、サスペンションの沈み込み量が増加し、車体全体がロールしてしまいます。
ロールが大きくなり、サスペンションの動く範囲が大きくなるとハンドルを切っても思うように曲がってくれません。

これがストラットタワーバーを装着することのデメリットになります。

事故の際に被害が拡大する?

もう一つの大きなデメリットとして、事故時の被害拡大があります。

ボディの左右をストラット タワーバーでつなぐことにより、片側だけが接触し損傷した場合でも、ストラットタワーバーを通して反対側にも力が加わり、フレームにダメージを与えてしまう可能性があります。

引用元-ストラットタワーバーとは|乗り心地への効果やデメリット、取り付け方法まで

スポーツ走行する人にはタワーバーがおすすめ!

タワーバーを入れることで、より車本来の性能が発揮されます。まずは、剛性の高いボディになる事により、サスペンション支持部の変形が抑制できますので、おのずとサスペンションの性能をすべて使い切れるようになるのです。
使いきれていなかったストロークを使えるようになるという訳です。
剛性が低い場合、サスペンションがストロークする前にボディがねじれ、十分にストロークできないことがあります。

またねじれない分、ステアリングの切り始めが速くなります。即ちステアリングのレスポンスが向上すると言えます。

この二つはスポーツ走行に対しては大きく性能向上に寄与してくれるでしょう。
また、サスペンション支持部の剛性が上がるため、より減衰力が高くバネレートの高いサスペンションを使うことができるようにもなります。

サスペンション支持部の剛性が低いまま硬いサスペンションを入れると、ストロークを全くしないサスペンションになってしまうため、十分にグリップしません。
車高調サスペンションなど減衰力の高いサスペンションを導入したにも関わらず十分にストロークしない場合、ボディ剛性不足が考えられるため、タワーバーを導入する事でしっかりとストロークしてくれるでしょう。
引用元-ボディ剛性を高める!?ストラットタワーバーのメリット・デメリットは?

ツイッターでのつぶやきや口コミ


https://twitter.com/kitsunebi00/status/751034964284628993


https://twitter.com/lupus1346/status/663299529442066432

 - グッズ・アイテム

ページ
上部へ