疑問やわからないことはすぐにググれ!

ぐぐりますた

バスケが上達するコツとは?ドリブルから始めよう!

   

バスケが上達するコツとは?ドリブルから始めよう!

バスケの基本ドリブル!ドリブルがなかなか上手に出来ない…という人も多いのではないでしょうか?

コツが掴めずなかなかドリブルが上手にできない…上達しない…そんな人必見!

ここではバスケのドリブルの練習方法やボールを取られないテクニックなどをまとめました!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

会社の同僚や仕事関係の香典を渡す範囲について

香典を出す時の金額は会社の同僚や仕事関係の取引先だといくらぐ...

髪の毛をショートにして失敗した時のスタイリングのコツ!

長い髪の毛からショートにするってドキドキしますよね。 ...

流産のあと出血が続く日数は?知っておきたい流産後の知識

悲しいことにせっかく授かった命とのお別れである流産。女性にと...

毎日腹筋50回するよりゆっくり10回程度の方が効果的!?

毎日腹筋50回してダイエットするぞ!と意気込んでいる方も多い...

自分の鼻が臭い?こするとさらに臭い気がする。原因は皮脂と雑菌!

なにげなく鼻のあたりをこするとなぜか臭い? 意外に多くの人が...

猫が便秘なって1週間!猫の便秘解消方法をご紹介!

飼い猫が便秘かもしれない…便を1週間出していない…そんな不安...

東京大阪間で単身赴任する時に役立つ情報をお届け!

東京から大阪へ、また大阪から東京への転勤が決まった場合、単身...

蜘蛛退治にアロマが効果的?アロマの配合レシピもご紹介!

室内に蜘蛛を見つけたら退治する必要がありますが、小さな子供が...

大学の就活の面接で尊敬する人物はこう答えれば問題なし!

大学の就活の面接で良く聞かれるのが「尊敬する人物」ではないで...

窓用エアコンは雨の日の使用はNG?その理由を教えます!

窓用エアコンが人気といいますが、雨の日には使わない方がいいと...

バイクのチェーンが伸びるとどうなる?交換の目安もご紹介します

走行距離が長くなったり、ハードな運転をするとバイクのチェーン...

トマトアレルギー!?トマトの離乳食を嘔吐した原因と対処法

赤ちゃんに初めてトマトを離乳食であげたとき、嘔吐してしまった...

猫の鼻水の吸引の方法とは?猫の鼻水の対処方法についてご紹介

猫の鼻水を吸引するにはいったいどんな方法があるのでしょうか?...

メダカの水槽に入れてる水草が腐る原因やお勧めの水草

メダカの水槽に入れている水草が溶けたように腐る原因は何でしょ...

アボカドの栽培で実ができるまで何年かかる?そのコツをご紹介!

森のバターと呼ばれている「アボカド」。実際に栽培してみたいと...

耳に感じる違和感は病気が原因?時々であっても要注意!

耳にいつもじゃないけど時々違和感を感じる・・・そんな場合、ど...

ボルタレンやロキソニンを親知らずを抜歯したら処方される

親知らずを抜歯後に処方される薬としてボルタレンとロキソニンが...

ハーブのシャンプーの作り方とは?体に優しいハーブシャンプー

なんだか普通のシャンプーだと汚れが落ちていないような・・・?...

子猫の保護。衰弱しているときの対処法と先天的な病気教えます

たまたま衰弱した子猫を発見!そんなときはどうしたらいいの? ...

アルブミンの低下した犬の病気の原因と治療法について

アルブミンが低下する犬の病気とはどのような症状なのでしょうか...

スポンサーリンク


バスケのドリブルをするコツは?

身体のどこを使ってドリブルをする、みたいなものは考えなくていい。ただマネをしたり、こんな風につきたいという感じのままに気持ちよくついていく。どこかの一点に大きな負荷がかかっているかもしれない。バランスよくリズムよく、もっと楽に、もっと簡単に、もっと気持ちよくできる身体づかいを探そう。

ボールを強くつく。ヨーヨーのように、床から強く弾んできたボールのエネルギーを、柔らかく利用して床に返す感じになる。こうするとボールを制御できる時間が長くなる。手のひらで弾くのではなく、一度受け止めて制御する感覚がある。手のひらが返ったり前腕が回ったりする。子犬を守るような身体づかいというより、訓練された犬を飼い慣らしているような感じになる。

ヘッドアップする。周囲を観れるようにつく。初心者のうちは仕方がないけれど、少しずつ周りを観ながら、移動しながらつけるようになっていく。マークマンがいるとその人に意識が集中してしまう。これもはじめは仕方ない。けれどその集中を、マークマンを感じつつ、目では周囲を捉えているというような方向にしていく。

守りに入ると腰が引けたりする。怖がらず、プレッシャーにも決然とした身体の感じを保つ。落ち着いて呼吸をする。熱くなって相手に向かっていくというパターンが悪いわけではない。それで上手くいくのならすればいい。しかし、その感じで上手くいく相手や状況なのかを判断するといい。そのために決然とした、周りの影響を感じ取りつつも揺らがない体感覚が必要だ。
引用元-バスケのドリブルテクニックを劇的に上達させる、練習方法とコツ

バスケのドリブルのコツを掴んで技を磨こう!

インサイドアウトでバスケのボールを扱う手は片方だけです。

ここでは、右手一本でディフェンスを抜き去る例をあげますね。


右手でのドリブルのボールをクロスオーバーの動きを行い、体の左側に向かって動かし始めます

右手でのドリブルを左手に移すように見せかけるのがコツです。


同時に体の進行方向を左に向け、左足を左方向にふみ出し始めます


ボールが体の中心付近まできたら、ボールを持った手を空中でひねり、ボールの方向を変えます

今まで左側に向かっていたボールの進行方向を逆にし、体の右側に戻していきす。


手でボールの方向を変えながら、体の進行方向も左から右へチェンジ!

左方向に踏み出した左足で踏ん張り、体の進行方向を右方向へ一瞬で変えます。


右手に持ったままのボールは、右斜め方向につき出します

ディフェンスの体勢を見て、こちらについてこれないようなら大成功!
トップスピードでディフェンスを振り切りましょう。


引用元-バスケのドリブルの技を徹底解説!6つの技ができればOK

バスケのドリブルのコツを掴んで相手にボールを奪われるな!

良く多くの若い選手が、ドリブルの回数は多くした方がいいですか?と質問をします。

これは、プロの選手も、コーチもいいますが、一概にはいえないです。むしろ、ドリブルの数はあまり、気にしていない選手が多い。ドリブルをうまくなるコツとしては、両方練習するということです。難しい言い方をすると、ドリブルの数は目的にあわせて結果的にかわって来ます。

例えば、ボールをスティールして、ワンマン速攻の時に、ディフェンスが自分の前に誰もいない。そういう状況だったら、とにかくスピードを出したいですよね。そういう時は、ドリブルを前に前に突くそうすると必然的にドリブルの回数は減ってきますね。

逆にディフェンスが密集しているところをドリブルで割っていく時は、細かく小さくかつ速いドリブルになる。その時はドリブルの回数は多くなります。つまり、両方の技術が必要ということです。

コーチの立場から、練習方法を考えるのなら、オールコートのドリブルレイアップの練習を考えるのなら、ドリブルの回数を決めて、前に突かせるドリブルの練習、細かく早く突かせるドリブルの練習両方行わせる様にすると良いでしょう。
引用元-バスケボールのドリブルのコツ – バスケの教科書

ドリブルのキープ力を高める方法は?

それでは、相手にボールを奪われず、ボールをコントロールを身に付けるドリブル・キープ力アップの練習方法をご紹介します。

ポイントは、

1.スムーズな身体動作 2.手とボールをできるだけ密着させる
3.腰を低くドリブルする

この3点がドリブル上達のコツにもなります。

まず「スムースな身体動作」についてですが、これはドリブルの状態からパスやシュートの動作に移るとき、どれだけスムーズに行えるかといったことです。これもドリブルのキープ力アップにつながります。

できるだけ予備動作がなく、いきなり次の動作に切り返しができる位のスピード感が理想です。
これは一朝一夕にはできませんが、インナーマッスルをトレーニングすることで、スピーディな身のこなしができるようになります。

あと、ドリブルの際は手とボールが離れている時間を出来るだけ短くすることは、文字通りです。このこともキープ力を高めるためには必要です。

そして「腰を低くした体勢で出来るだけドリブルの速度を上げること」は、ドリブルのキープ力上達のポイントのまとめにもなるくらい大切なポイントです。

この低い姿勢でドリブルをすることで、ドリブルスピードも上げることができ、キープ力も高まります。
相手に簡単にボールを奪われることの無い理想的なドリブルが実現します。

引用元-ドリブルのキープ力を高める:バスケットボールの練習と上達法

ドリブルの練習は一人でもできる!

■フロントチェンジ
目線を変えず、攻撃的に進む方向を切りかえることができます。ただし、ディフェンスのわきを通るため、ガードされる危険性は高いです。

■ロールターン
体をボールとディフェンスの間に入れるためボールを奪われにくい安全な切りかえしです。しかし、ゴール方向を見失うため、ターン後の状況把握が必要という欠点もあります。

■ビハインド・ザ・バック
ボールとディフェンスの間に体が入るためボールを奪われにくい安全な切りかえしです。
しかも、ターン後の周囲の状況把握も簡単です。しかし、肩が抜けにくく、ディフェンスに進むコースに入られやすいという欠点があります。

■インサイドアウト
フロントチェンジをフェイントにして、ディフェンスを抜いてきます。この技術はスピードが出ているためディフェンスのバランスを崩すことができ、ドリブルの効果的なテクニックになります。

 

ドリブルは練習相手がいなくても一人でできます。

ドリブルスキル・テクニックを身につけて相手チームにプレッシャーを与える存在になりましょう。
引用元-相手を惑わすドリブルテクニックを身につけよう

 - スポーツ

ページ
上部へ