疑問やわからないことはすぐにググれ!

ぐぐりますた

【接客のコツ!】飲食店で客に好印象を与えるためのポイント

   

【接客のコツ!】飲食店で客に好印象を与えるためのポイント

飲食店の接客で気を付けるべきポイントとはどんなことでしょうか?

例えば、飲食店で客に好印象を与えるためにはどんなことに気を付けるべきか?

そこで、飲食店での客に好印象を与えるための接客のコツについてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

どれくらい飲ませればいいの!?赤ちゃんのミルクの足し方とは

初めての子育ては、何かと心配になってしまうものですよね。 ...

no image
彼氏の電話の断り方とは?上手に断れば彼氏もなっとく!?

彼氏からの電話・・・疲れているときは正直お断りしたい。 ...

小学校の運動会のかけっこは練習で早くなれる!?走り方について

小学校の運動会のかけっこ・・・足が遅いから苦手という子供も練...

さりげな~く、新しい友達を作るコツ【高校編】

高校に入学して、新しい友達を作ることに、不安を感じる方は多い...

貧血?と感じたら目のまぶたが白いかチェックしてみよう!

めまいやなんだか疲れやすく顔色も悪い、もしかしたら貧血かも・...

ピルを処方してもらう時の方法とピルの効果についてご紹介!

今はたくさんの女性がピルを服用していると思います。使用してい...

韓国と日本をあらゆる角度から比較してみた!

韓国と日本を比較した場合、どんな違いが見えてくるのか興味あり...

部活の顧問が理不尽で横暴な時に考えるべき事

部活の顧問が横暴で理不尽な人格だったら? スポーツや芸...

手荒れがひどい時には…手袋とワセリンの最強コンビでピカピカに!

手荒れがひどい時にはワセリンを塗って綿の手袋をはめるといいっ...

会社の同僚や仕事関係の香典を渡す範囲について

香典を出す時の金額は会社の同僚や仕事関係の取引先だといくらぐ...

髪の毛をショートにして失敗した時のスタイリングのコツ!

長い髪の毛からショートにするってドキドキしますよね。 ...

流産のあと出血が続く日数は?知っておきたい流産後の知識

悲しいことにせっかく授かった命とのお別れである流産。女性にと...

毎日腹筋50回するよりゆっくり10回程度の方が効果的!?

毎日腹筋50回してダイエットするぞ!と意気込んでいる方も多い...

自分の鼻が臭い?こするとさらに臭い気がする。原因は皮脂と雑菌!

なにげなく鼻のあたりをこするとなぜか臭い? 意外に多くの人が...

猫が便秘なって1週間!猫の便秘解消方法をご紹介!

飼い猫が便秘かもしれない…便を1週間出していない…そんな不安...

東京大阪間で単身赴任する時に役立つ情報をお届け!

東京から大阪へ、また大阪から東京への転勤が決まった場合、単身...

蜘蛛退治にアロマが効果的?アロマの配合レシピもご紹介!

室内に蜘蛛を見つけたら退治する必要がありますが、小さな子供が...

大学の就活の面接で尊敬する人物はこう答えれば問題なし!

大学の就活の面接で良く聞かれるのが「尊敬する人物」ではないで...

窓用エアコンは雨の日の使用はNG?その理由を教えます!

窓用エアコンが人気といいますが、雨の日には使わない方がいいと...

バイクのチェーンが伸びるとどうなる?交換の目安もご紹介します

走行距離が長くなったり、ハードな運転をするとバイクのチェーン...

スポンサーリンク


接客のコツ!飲食店で客に好印象を与えるには

不潔に見える服装や行動

飲食店は、食べ物を扱う場所です。
ですから、従業員も清潔な服装で接客をしなければなりません。
たとえ調理中についたものでも、汚れた白衣などで接客しないように注意しましょう。
また、髪や爪は汚れがつきやすい場所です。接客中は極力触らないようにしてください。
さらに、化粧も種類によっては顧客が不潔に感じます。
特に、濃い色のネイルは就業前に落とすように指導してください。
さらに、お店の格によっては髪の色も気になる顧客もいるでしょう。
極端に明るい髪色にするのは避けましょう。
引用元-飲食店で客に好印象を与える接客のポイントや注意点とは? | マスプロック公式BLOG

声の大小

注文を受ける際、聞き取れないくらい小さい声だと顧客は「本当にオーダーが通っているのか」と不安になるでしょう。
また、忙しいときは従業員にも余裕がなくなります。
つい乱暴な口調になってしまうかもしれません。
しかし、従業員の忙しさは顧客に関係ないのです。
ですから、「乱暴な接客をされた」という悪印象しか残りません。
逆に、大きすぎる声も顧客にとっては迷惑です。
居酒屋などでは、威勢のよい声であいさつをしたり注文を受けたりするように指導するところもあるでしょう。
しかし、飲食店は食事をするだけでなく、歓談を楽しむ場所でもあります。
ですから、あまり従業員の声が大きすぎると不快に感じる人もいるでしょう。
また、大きな声を出すには口を大きく開けなければなりません。
「つばが飛びそうでいや」という方もいるでしょう。
引用元-飲食店で客に好印象を与える接客のポイントや注意点とは? | マスプロック公式BLOG

飲食店での接客のコツについて

大切なことは、お客様に来てもらうということもありますが、来てくれたお客様に満足してもらって帰ってもらうこと、そしてまたこのお店に来たいと思ってもらうこと、これがとても重要なポイントになってきます。
いわゆるリピーターというものとなります。
満足してもらうには、いろいろな努力というものが必要になってくるわけですが、少しの努力で行うことができるものとして、接客マナーというものがありまして、ここでは、その接客のコツにつきまして、解説していこうと思います。
人と人とのコミニュケーションはとても大切です。

では、どのような接客を心がけていくのが理想的な接客になってくるのかと言いますと、基本は笑顔です。
いくらおいしいお酒であったり、おいしい料理を提供してくれるようなお店であったとしても、接客態度がよろしくなければリピーターにはなってもらえない可能性のほうが高いです。
ガンコなオヤジがいるところで有名というようなお店の場合は、例外ですが、基本は笑顔でお客様に接すること、これがとても大切なのです。
笑顔をみせられて、不快に思う人はそうそうおりません。
引用元-居酒屋や飲食店での接客のコツについて

今すぐできる飲食店での接客のコツ

1:普通の顔は怖い顔?(接客中は常に笑顔)

お客様がお店のドアを開け、最初に目が合った相手が無表情では、そのままドアを閉めて帰ってしまいたくなりますよね。

お店に入ったとしても、その人と仲良く話ができる気がしません。よくあるのが「笑顔ではなかったけれど、普通の顔をしていたつもり」と言うこと。この「普通」は接客業では通用しないのです。

自分では普通の顔をしているつもりでも、笑顔以外はお客様に不安や不信感を抱かせてしまうことを忘れないようにしましょう。
引用元-接客下手にさようなら! 今すぐできる接客の10のコツを教えます! | ユルリラマガジン -Yururila MAGAZINE-

2:全ての基本!(挨拶を忘れない)

「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」を言い忘れてはいませんか? もしくは、他の人が言っているからいいかな、なんて思ってはいませんか?

今日は自分が担当しなくても、次はあなたが担当するかもしれません。自分のお客様でも、他の人のお客様でも同じ態度で挨拶をしましょう。

ちゃんと挨拶しています! という人も、ひとつひとつの音をはっきりと相手が聞きやすい声で挨拶をするように、もう一度初心に返って挨拶の練習をしてみましょう。
引用元-接客下手にさようなら! 今すぐできる接客の10のコツを教えます! | ユルリラマガジン -Yururila MAGAZINE-

飲食店の接客で注文をとるときのコツ

お客様が席に着き、すぐにご注文を受ける場合は、注文が決まっているかお客様にお伺いを立てます。


ご注文を伺う敬語の話し方
「ご注文はお決まりでしょうか?」


 

すぐに注文が決まらないようなら、一旦離れます。


注文が決まったら呼んでいただくよう促す
「ご注文が決まりましたら、お呼びくださいませ」


 

席を離れて再び注文をいただく場合は、声をかけてもらったり、呼び出しベルで呼ばれるでしょう。お客様の元へついたら、一言添えてから注文をとり始めると好印象です。


お客様の席に到着したら印象のいい一言を
「お待たせいたしました」


 

ちなみに、注文を尋ねるとき、「どういたしますか?」は間違いです。時折耳にする表現ですが、「いたす」は「する」の謙譲語なので、誤った敬語です。正解は次。


注文を伺う敬語の話し方2
「何になさいますか?」


 

注文の品をすべてお客様の席に出し終わったら出し忘れがないか、確認をとります。「ご注文の品はおそろいになりましたか?」もよくある間違った注文の尋ね方です。「おそろい」は「そろう」の尊敬語であり、本来人に対して使うもの。「ご注文の品」に対して使うのは誤用。


正しい敬語は・・・
「料理はそろっていますでしょうか?」


引用元-【飲食店の接客】注文をとるときの敬語の話し方:ビジネス会話のきいろわビズ

飲食店でホールのアルバイトの接客のコツ

① 「いらっしゃいませ!」と元気な声でお出迎え
② 入口で待たすことなく、待たす場合は「少々お待ち下さい、ご案内致します」と言って
ほったらかしにしない
③ メニューを置いたら考える時間を与え、いつ注文のため手を挙げられても気付く様に気にかけておく
④ オーダーを間違えない事は基本です。
⑤ 「お待たせ致しました」の言葉を添えて盛り付けが崩れない様に置く
⑥ 食べ終わった皿は「こちらお下げ致します」又は少し残っていたら「お下げしてよろしいですか?」 と声を
掛けいつまでも皿を残しておかない・食後のドリンクの時はテーブルがきれいな方が気持ち良いですから…
他は
・ 水が少なくなったら、何杯目であろうが継ぎ足してあげる
・ いらっしゃいませ や ありがとうございました 等 あまり大声じゃなく好感の持てる感じが良い
・ 帰った後のテーブルはいつまでもグラス等残しておかず次のお客様用に直ぐきれいにしておく
くらいでしょうか。
引用元-ホールスタッフ、接客のコツについて – 最近飲食店でホールのアルバイト… – Yahoo!知恵袋

 - 健康

ページ
上部へ