疑問やわからないことはすぐにググれ!

ぐぐりますた

血腫が吸収されるには?期間はどのくらい?皮下血腫について

      2017/01/11

血腫が吸収されるには?期間はどのくらい?皮下血腫について

血腫は自然に吸収されるものなの?ある程度の期間があれば治る?

なんだかしこりができているような・・・。こんなときはいったいどうしたらいいのでしょうか?

対処方法とは?気になる皮下血腫についてご紹介いたします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

会社の同僚や仕事関係の香典を渡す範囲について

香典を出す時の金額は会社の同僚や仕事関係の取引先だといくらぐ...

髪の毛をショートにして失敗した時のスタイリングのコツ!

長い髪の毛からショートにするってドキドキしますよね。 ...

流産のあと出血が続く日数は?知っておきたい流産後の知識

悲しいことにせっかく授かった命とのお別れである流産。女性にと...

毎日腹筋50回するよりゆっくり10回程度の方が効果的!?

毎日腹筋50回してダイエットするぞ!と意気込んでいる方も多い...

自分の鼻が臭い?こするとさらに臭い気がする。原因は皮脂と雑菌!

なにげなく鼻のあたりをこするとなぜか臭い? 意外に多くの人が...

猫が便秘なって1週間!猫の便秘解消方法をご紹介!

飼い猫が便秘かもしれない…便を1週間出していない…そんな不安...

東京大阪間で単身赴任する時に役立つ情報をお届け!

東京から大阪へ、また大阪から東京への転勤が決まった場合、単身...

蜘蛛退治にアロマが効果的?アロマの配合レシピもご紹介!

室内に蜘蛛を見つけたら退治する必要がありますが、小さな子供が...

大学の就活の面接で尊敬する人物はこう答えれば問題なし!

大学の就活の面接で良く聞かれるのが「尊敬する人物」ではないで...

窓用エアコンは雨の日の使用はNG?その理由を教えます!

窓用エアコンが人気といいますが、雨の日には使わない方がいいと...

バイクのチェーンが伸びるとどうなる?交換の目安もご紹介します

走行距離が長くなったり、ハードな運転をするとバイクのチェーン...

トマトアレルギー!?トマトの離乳食を嘔吐した原因と対処法

赤ちゃんに初めてトマトを離乳食であげたとき、嘔吐してしまった...

猫の鼻水の吸引の方法とは?猫の鼻水の対処方法についてご紹介

猫の鼻水を吸引するにはいったいどんな方法があるのでしょうか?...

メダカの水槽に入れてる水草が腐る原因やお勧めの水草

メダカの水槽に入れている水草が溶けたように腐る原因は何でしょ...

アボカドの栽培で実ができるまで何年かかる?そのコツをご紹介!

森のバターと呼ばれている「アボカド」。実際に栽培してみたいと...

耳に感じる違和感は病気が原因?時々であっても要注意!

耳にいつもじゃないけど時々違和感を感じる・・・そんな場合、ど...

ボルタレンやロキソニンを親知らずを抜歯したら処方される

親知らずを抜歯後に処方される薬としてボルタレンとロキソニンが...

ハーブのシャンプーの作り方とは?体に優しいハーブシャンプー

なんだか普通のシャンプーだと汚れが落ちていないような・・・?...

子猫の保護。衰弱しているときの対処法と先天的な病気教えます

たまたま衰弱した子猫を発見!そんなときはどうしたらいいの? ...

アルブミンの低下した犬の病気の原因と治療法について

アルブミンが低下する犬の病気とはどのような症状なのでしょうか...

スポンサーリンク


血腫は吸収したほうがいい?期間をかけても治らない?

皮下にたまった血腫が周囲を圧迫して痛みがでているので、それがなくならない限り痛みが残ります。

注射器で引いてもらえばその時は改善し、また溜まってきたら抜く、の繰り返しで改善したかもしれません。
初めに抜かなかったので、血腫が固まっていきますから、そうなると固い血腫は注射器では抜けませんので「切開」という案を出されたのでしょう。

でも本来時間さえ経てばただの血腫であれば徐々に体内に吸収されていき、小さくなり、痛みも引いていくはずです。
何カ月もたっても腫れが引かず固くなってしまい痛みも残って我慢できないようであれば、「切開」も必要かもしれませんね。

どちらにしろ、もう何か月かは痛み止め等でごまかしつつ様子を見るしかないと思いますよ。

もし切開になったとしても、おそらく大きな傷にはなりませんし、傷跡の残りにくい縫合法やテープもたくさん開発されていますから、あまり過剰に心配なさらなくても大丈夫かと思いますよ。

時間がたって何事もなく痛みと腫れが引いていけばいいですね。
引用元-皮下血腫がなかなか吸収されず痛みがあり辛いです。4週間前に… – Yahoo!知恵袋

血腫は吸収しないでおくと固くなる!?期間の問題ではない?

【皮下血腫の症状】

ぶつける、転ぶ、打たれるなどすると、打撲を受けた場所が腫れて、青または紫なります。血管が傷つけられて内出血が起きたためで、青または紫に見えるのは、皮膚のメラニン色素のせいです。内出血が皮膚表面に近いほど紫色が濃くなります。

打撲を受けた部分に皮下血腫ができると、コブ状になります。皮下血腫は、たいていの場合、熱を発します。青紫に変色したコブが熱く感じられます。

皮下血腫は痛みを生じます。関節部に強い打撲を受けて血腫ができると、動かすたびに痛みが出ます。

内出血が少量であれば、皮下血腫はしだいに体内に吸収されて消えていきます。しかし、かなり強くぶつけたり、勢いよく転倒したり、強く打たれたりすると、血管が大きく損傷して、多量の内出血が起こります。皮下血腫も大きくなり、激しく痛みます。皮下血腫が大きいと、なかなか自然消滅しません。シコリになって残ることが多いようですが、そのシコリも時間が経つにつれて小さくなります。

一度小さくなったシコリ(皮下血腫)が、再び腫れて痛みが増すことがあります。皮膚の傷などから細菌が血腫に侵入して、血腫が化膿するのです。血腫が化膿して、感染症を起こすこともあります。

皮下血腫は、皮膚の硬いところでは広がりにくいものですが、皮膚の柔らかいところでは、広がる傾向があります。また、重力の作用を受けて、腕の上部の皮下血腫が手首の方まで広がったり、腿の皮下血腫が膝へ、脛の皮下血腫が足首まで広がったりすることがあります。

時には、血腫がカチンカチンに固まってしまい、気づかずに十数年過ごすこともあります。
引用元-皮下血腫ってなんなの?症状や原因、内出血との違いを紹介! | Hapila 【ハピラ】

血腫はほとんどが吸収されるけれど期間がたっても治らない場合は?

【皮下血腫の原因】
皮下血腫の原因には血管の障害によってできたものと、血液の病気によってできたものがあります。血管の障害によってできるのはケガなどによるものです。この血腫は異常はなく、予後は一般的に良好といえます。血液の病気には白血病や再生不良性貧血、クッシング症候群などかあり、内臓疾患が要因となっています。また先天的な障害によってできることもあります。

【皮下血腫の検査と診断】
皮下血腫の検査方法とはどのようなものなのでしょうか。そのことについて以下に述べていきたいと思います。動脈や静脈からカテーテルを挿入し、様々な分析をする検査をします。右心カテーテルや左心カテーテルなどがあります。また、ほかにも出血状態の観察や家族歴から検査する方法があります。このような検査がありますので、ご心配の方はぜひ検査をされるのが良いです。

【皮下血腫の治療方法】
皮下血腫の治療法は、湿布を使用します。そして、血液の体内への吸収を促進するためには、温熱療法、電気治療がおこなわれ、ヒルドイド成分の入ったゲルを塗布します。そうした方法で経過を観察したのちに、出血量が多く局所的にたまっている場合であれば、皮下に溜っている血液を針でさして、体外に排出させたり、手術で血腫をとりのぞきます。
引用元-皮下血腫の症状,原因と治療の病院を探す | 病院検索ホスピタ

こんな血腫の場合は病院へ行こう!

物にぶつかって打撲の症状になった時は、初期の段階で適切な処置をすれば改善することが多いです。
しかしうまく対処ができず問題になった場合は、それが長期的な影響をあたえることがあります。
この問題で長期的な影響を与えやすい症状としては血腫があり、治りづらいので負担が大きいです。

打撲による血腫は大量に内出血をすると起こりやすく、体の内部に血の塊が発生します。
この問題は初期の段階で適切な治療をすれば、問題を起こさずに治すことができます。
しかし対応に失敗するとできてしまうことがあり、そういう時は色々な方法を使って治します。

よく行なわれる方法としてはマッサージを使ったやり方が存在し、この治療法は効果が高いです。
ただマッサージを使ったやり方は専門技術が必要なので、自己流で対処しようとすると問題が起こりやすいです。
ですからこのような治療をしたい時は病院で医師と相談をし、専門家に治してもらうことが重要になります。
引用元-打撲でできた血腫の治療について

血腫ができたときの対処方法

たんこぶはまずは冷やす

打撲による症状への対処法は基本はまずは冷やすことです。これはたんこぶでも同じです。横になって安静にして氷のうなどで患部を冷やすようにしましょう。冷やすことで腫れや内出血の広がりを抑えることができます。アイシングは軽い打撲なら1日、重症なら2,3日繰り返し行います。一度に冷やしすぎると頭痛を起こすことがあるのでそのときはいったんおいて再度アイシングをするといいでしょう。痛みが引いてきたら今度は温湿布などで患部を温めてやると血行がよくなり回復が早まります。

青あざが出来る理由

血は皮膚を通してみると青っぽく見えます。たんこぶによる青あざは皮下の内出血が原因です。色は当初は赤紫で次第に青に変わり、血腫が吸収されていくとともに青あざも消えていきます。青あざもたんこぶと原因は同じなので、同じ対処法を取るといいでしょう。まずは冷やし、痛みが引いてくれば温めてやることで血行をよくなり血腫の体内への吸収を促進されるので青あざも早く収まります。
引用元-たんこぶ青あざには

 - 病気・薬

ページ
上部へ