疑問やわからないことはすぐにググれ!

ぐぐりますた

子供の顔のシミの原因とは?予防方法や対処方法をご紹介します

      2017/01/12

子供の顔のシミの原因とは?予防方法や対処方法をご紹介します

子供の顔にシミができてしまう原因とはいったいどんなことなのでしょうか?

子供のほうがシミをつくりやすい!?

子供のうちには見えなかったシミが大人になるとでてくるのはこんなことが原因かもしれません。小さいころからシミ対策をしておくといいようです。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

会社の同僚や仕事関係の香典を渡す範囲について

香典を出す時の金額は会社の同僚や仕事関係の取引先だといくらぐ...

髪の毛をショートにして失敗した時のスタイリングのコツ!

長い髪の毛からショートにするってドキドキしますよね。 ...

流産のあと出血が続く日数は?知っておきたい流産後の知識

悲しいことにせっかく授かった命とのお別れである流産。女性にと...

毎日腹筋50回するよりゆっくり10回程度の方が効果的!?

毎日腹筋50回してダイエットするぞ!と意気込んでいる方も多い...

自分の鼻が臭い?こするとさらに臭い気がする。原因は皮脂と雑菌!

なにげなく鼻のあたりをこするとなぜか臭い? 意外に多くの人が...

猫が便秘なって1週間!猫の便秘解消方法をご紹介!

飼い猫が便秘かもしれない…便を1週間出していない…そんな不安...

東京大阪間で単身赴任する時に役立つ情報をお届け!

東京から大阪へ、また大阪から東京への転勤が決まった場合、単身...

蜘蛛退治にアロマが効果的?アロマの配合レシピもご紹介!

室内に蜘蛛を見つけたら退治する必要がありますが、小さな子供が...

大学の就活の面接で尊敬する人物はこう答えれば問題なし!

大学の就活の面接で良く聞かれるのが「尊敬する人物」ではないで...

窓用エアコンは雨の日の使用はNG?その理由を教えます!

窓用エアコンが人気といいますが、雨の日には使わない方がいいと...

バイクのチェーンが伸びるとどうなる?交換の目安もご紹介します

走行距離が長くなったり、ハードな運転をするとバイクのチェーン...

トマトアレルギー!?トマトの離乳食を嘔吐した原因と対処法

赤ちゃんに初めてトマトを離乳食であげたとき、嘔吐してしまった...

猫の鼻水の吸引の方法とは?猫の鼻水の対処方法についてご紹介

猫の鼻水を吸引するにはいったいどんな方法があるのでしょうか?...

メダカの水槽に入れてる水草が腐る原因やお勧めの水草

メダカの水槽に入れている水草が溶けたように腐る原因は何でしょ...

アボカドの栽培で実ができるまで何年かかる?そのコツをご紹介!

森のバターと呼ばれている「アボカド」。実際に栽培してみたいと...

耳に感じる違和感は病気が原因?時々であっても要注意!

耳にいつもじゃないけど時々違和感を感じる・・・そんな場合、ど...

ボルタレンやロキソニンを親知らずを抜歯したら処方される

親知らずを抜歯後に処方される薬としてボルタレンとロキソニンが...

ハーブのシャンプーの作り方とは?体に優しいハーブシャンプー

なんだか普通のシャンプーだと汚れが落ちていないような・・・?...

子猫の保護。衰弱しているときの対処法と先天的な病気教えます

たまたま衰弱した子猫を発見!そんなときはどうしたらいいの? ...

アルブミンの低下した犬の病気の原因と治療法について

アルブミンが低下する犬の病気とはどのような症状なのでしょうか...

スポンサーリンク


子供の顔にシミが・・・。病院に行くべき?

ホクロは皮膚ガンなどの他の病気の症状であることも。急激に増えた場合は皮膚科の受診をお勧めします。

ただのホクロかと思っていたら、皮膚ガンなどの別の病気の症状だという場合もあります。ホクロが短期間で急激に増えたのであれば、念のために一度、皮膚科でちゃんと診察して貰った方がいいでしょう。

・ホクロかと思っていたら皮膚ガンなどの他の病気の症状だったという場合も少なからずあります。もし急激に増えたのであれば一度、専門機関・皮膚科の受診をお勧めします。(看護師)
・ホクロは放置して大丈夫なものと、皮膚ガンなど放置してはいけないものとがあります。後者は確率的には低いですが、安心のためにもやはり医師の意見は必要かと思いますので、皮膚科の受診をお勧めします。(薬剤師)
お子さんのホクロ、特に女の子の顔となれば何とかしてあげたいですよね。ホクロが出来やすいのは、もしかしたら体質的なものも関係あるのかも知れませんが、一度ちゃんと診てもらえば安心できると思いますので、あまり神経質にならず皮膚科を受診してみてはいかがでしょうか。
引用元-子供の顔に最近増えたシミやホクロ。塗り薬や飲み薬で改善できる? | イクシル

子供のほうが顔にシミはできやすい?!

シミは大人だけに出来るものじゃない!

どんなに気を付けていても、出来る時には出来てしまう顔のシミ。
この顔シミの原因は、紫外線から肌を守るために生成されるメラニン色素ですが、それ以外にもストレスや運動不足、偏った栄養摂取などが原因となる場合もあります。
ストレス等が原因となるシミは、いくら日頃からスキンケアに気を使っていても出来てしまいます。
ストレス社会で働く大人たちの場合、女性・男性を問わず顔シミが発生しやすい環境にいると言えますが、実は無邪気に遊びまわる年頃の子供達にも顔シミは出来るのです。

子供のシミは遺伝?

子供の中には、シミやソバカスが目立つ子が少なからずいます。
こういった子供の場合、そのシミやソバカスが出来る原因は紫外線やストレスなどではなく、遺伝による事の方が多いです。
特に、子供のソバカスの場合は遺伝である確率が非常に高いため、持って生まれたものと割り切ってしまう必要があります。
引用元-子供にできた顔のシミを消すには 【口コミで評判!顔のシミを取る治療法】

子供の顔のシミ対策はどうしたらいい?

・小学生のうちから紫外線対策を
子どものうちはシミができてもターンオーバーによって自然に外に排出されますが、外で活動したり動き回ったりしていると、大人になってから濃いシミとなってでてくる「隠れシミ」が生まれます。若いうちは顔の表面には出てきませんが、大人になって少し肌の代謝が下がった時にはじめて顔の表面に現れてきます。

隠れシミも含めて、そばかすやシミなどをケアするには毎日の紫外線対策が必要です。大人と同じ日焼け止めを使っても良いですし、赤ちゃん用や無添加タイプの日焼け止めなどもありますから、肌に負担をかけない低刺激の製品を選ぶと良いでしょう。子どもにはまだ早いのではないか、と思う親御さんも少なくありませんが、日焼け止めを使っているかどうかで大人になってからの肌の状態も変わってきます。

・日焼け止めを塗った後のケア
日焼け止めを使った後は、クレンジングと洗顔をダブルで行って、きれいに洗い流します。子どもの肌がいくら健康とはいえ、毛穴にフタをしたままでいると肌の代謝が悪くなり、シミやそばかすが消えにくくなります。肌がきれいになったら化粧水でしっかりと保湿し、肌を保護してください。

化粧水については、親御さんとお子さんで肌タイプが違う場合は同じものを使わない方がベスト。お子さんにはお子さんの肌に合った、さっぱりタイプ(乾燥肌ならしっとりタイプ)の化粧水を選んであげると良いでしょう。
引用元-子供のシミそばかす対策とは?

子供の顔のシミにはビタミンC!

ビタミンCはシミそばかすを消すのみ効果的です。

メラニン色素をの沈着を防ぐ効果があり、これからできるメラニン色素にも有効です。

またお肌のみずみずしさをも保つ働きがあります。

ビタミンCを多く含む食べ物は、キウイ・苺・ブドウ・ミカン・レモン・キャベツ小松菜・トマト・ブロッコリーなどです。

その中でもキウイは果物のなかでも100gあたりのビタミンCの量が一番ですので特におススメです。

ビタミンEは「若返りのビタミン」といわれるほど女性には嬉しい効果があります。

老化の原因である過酸化脂質をできにくくしますし、血行循環もよくしてくれます。

ビタミンEを多く含む食べ物は、アボカド・キウイ・カボチャ・アジタラコ・ゴマ・ピーナツなどです。

ここでもでてきましたキウイビタミンEも豊富に含まれておりますのでまさに万能な食べ物です。

そしてアボカドは最も栄養価が高い果物で、特にビタミンEは豊富に含まれていますのでおススメします。
引用元-そばかす除去に役立つ食べ物!子供にできる原因や消す方法は? | なにそれ倶楽部

顔のシミにはどんな種類があるの?

<一般にシミは>
・・・老人性シミ、肝斑、後天性真皮メラノサイトーシス、そばかす、汗管腫、軟性線維腫など様々なものに対して“シミ“いう言葉が使われているようです。
一般的にシミは紫外線の影響を受けやすい頬にでき易く、髪の毛で隠れる額には少ないようです。
・肝斑・・・左右対称性で、境界は不鮮明です。赤茶色できたなく、べたーとした色調です。ビタミンC,トランサミンなどがよく使われます。
・後天性真皮メラノサイトーシス・・・額、鼻、眼瞼部にもみられることがあります。
灰青色に見えます。
・口唇のシミ・・・アトピー性皮膚炎の人で唇があれる人、舐めたりむしったりする人に単発や多発性にシミがみられます。炎症を繰り返すと色素斑が多発してきます。唇の色が全体にうすいのが特徴です。
・老人性色素斑・・・レーザーの良い適応になりますが、ほぼ必ずといってよいほどに炎症後色素沈着がでます。これを説明しておかないと、患者、医者ともに思わぬトラブルに巻き込まれることもあり得ます。
シミもそばかすもレーザーの適応になりますが、あざはなかなか完全には難しいです。手術するかどうか悩むところです。
引用元-顔のホクロ、シミ、癌 | そが皮膚科へようこそ!

 - 出産・育児・子育て

ページ
上部へ