疑問やわからないことはすぐにググれ!

ぐぐりますた

飼い猫がFIPになってしまって生還するために出来る事

      2017/01/12

飼い猫がFIPになってしまって生還するために出来る事

愛猫が最近元気がないな~と思う時はありませんか?

もしかしたらFIP「猫伝染病腹膜炎」になっている可能性もあります。生還する確率はどのくらいあるの?

飼い主さんが出来ることは?猫のFIPの原因や治療法について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

これは病気?目の粘膜にできる白いできものの正体!

気付けば目の粘膜に白いできものがある…。そんな経験はありませ...

太ももの内側に発疹ができる原因と対処法をご紹介します。

発疹が出る場所の特徴として皮膚の柔らかい場所の太ももの内側に...

同性の友達がいない・・・そんな人の特徴について調べてみました

なぜ自分には同性の友達がいないのかと悩んでいませんか? ...

食後にくる腹痛や寒気の原因とは?こんな病気の症状かも?

食後の腹痛や寒気はもしかしたら病気が原因かもしれません!? ...

うさぎにトイレをしつける方法をご紹介!

うさぎにトイレってしつけできるの?って思ったことはありません...

旦那が帰宅後ゲームしながらくつろいで家事をしない…ウチ共働きデス

旦那は帰宅後ソファーでくつろぎながらゲームをしています。 ...

双子の流産の処置はこのようにするのが一般的

病院に行って検査したら双子を妊娠していたなんて経験はありませ...

出産時に入院する時には赤ちゃんのオムツは必要?選び方のポイント

出産する時に入院する時の必要なものとして赤ちゃんのオムツは必...

どれくらい飲ませればいいの!?赤ちゃんのミルクの足し方とは

初めての子育ては、何かと心配になってしまうものですよね。 ...

no image
彼氏の電話の断り方とは?上手に断れば彼氏もなっとく!?

彼氏からの電話・・・疲れているときは正直お断りしたい。 ...

小学校の運動会のかけっこは練習で早くなれる!?走り方について

小学校の運動会のかけっこ・・・足が遅いから苦手という子供も練...

さりげな~く、新しい友達を作るコツ【高校編】

高校に入学して、新しい友達を作ることに、不安を感じる方は多い...

貧血?と感じたら目のまぶたが白いかチェックしてみよう!

めまいやなんだか疲れやすく顔色も悪い、もしかしたら貧血かも・...

ピルを処方してもらう時の方法とピルの効果についてご紹介!

今はたくさんの女性がピルを服用していると思います。使用してい...

韓国と日本をあらゆる角度から比較してみた!

韓国と日本を比較した場合、どんな違いが見えてくるのか興味あり...

部活の顧問が理不尽で横暴な時に考えるべき事

部活の顧問が横暴で理不尽な人格だったら? スポーツや芸...

手荒れがひどい時には…手袋とワセリンの最強コンビでピカピカに!

手荒れがひどい時にはワセリンを塗って綿の手袋をはめるといいっ...

会社の同僚や仕事関係の香典を渡す範囲について

香典を出す時の金額は会社の同僚や仕事関係の取引先だといくらぐ...

髪の毛をショートにして失敗した時のスタイリングのコツ!

長い髪の毛からショートにするってドキドキしますよね。 ...

流産のあと出血が続く日数は?知っておきたい流産後の知識

悲しいことにせっかく授かった命とのお別れである流産。女性にと...

スポンサーリンク


猫のFIPはどのような症状があるの?生還するためには?

初期に、元気や食欲の減退、体重減少、39度以上の慢性の発熱がみられる。
腹水や胸水が溜まるウエットタイプ(滲出型)と、
神経・眼・腎臓・肝臓等が冒され体内に液体が留まらないドライタイプ(非滲出型)の2つがある

【ウェットタイプ】
痩せる、脱水症状、瞼・歯茎・パットなどに貧血状態が見られる。
肝障害が強い場合は強い黄疸を起こしたり、嘔吐や下痢を繰り返すことがある。
腹水がたまる。胸水がたまっていると運動するとすぐに息切れして呼吸困難になりやすい。

【ドライタイプ】
ウエットタイプほど特異的な症状がないため、FIPに起因するかどうかの判断が難しい。
ゆっくりと症状が進み、おなかの中にリンパ腫のような大きなしこりができる。
慢性的な体重減少、発熱、ぐったりするなどの症状が数週間続いた後、腎臓、肝臓障害、すい臓、中枢神経、あるいは目に異常が認められることがある。
眼球の震え、けいれんを起こしたり、脳神経および末梢神経障害、知覚過敏、頭が前部に傾く、いつもと違う行動をとるようになる、などの症状が見られる。

※ウエットやドライタイプの特徴的な病気を作らずに、眼が濁ってくる前ブドウ膜炎や、麻痺などの神経症状がみられる場合もある。
引用元-FIP(猫伝染性腹膜炎) | 猫logy Life【愛猫のためのお元気手帳】

猫のFIPって何?生還する確率は何パーセント?

【感 染】

感染経路についてはまだはっきりと解明されていません。
母猫の胎盤や母乳からではなく、感染猫の排泄物や食器、グルーミング、ケンカなどから感染するようですが、猫の腸内で変化してコロナウイルスになるので、猫同士の接触による感染はないというものもあります。

感染したらどうなる?

若い猫では数日から数週間で発病がみられることもありますが、ほとんどの猫は感染しても発症しませんが、何かの要因で、一部の猫だけが発症するようです。(他の病気、栄養不良、妊娠、ケンカなどの外傷、免疫の低下など様々なストレスが影響しているのでしょう)
経過は1~16週間位ですが、ウエットタイプよりドライタイプの方が長いとされています。

【症 状】

初期は、元気や食欲が減ったり、痩せてきたり、発熱(39度以上の慢性の発熱)がある。
腹水や胸水が溜まるウエットタイプ(滲出型)と、神経・眼・腎臓・肝臓等が冒され、体内に液体が留まらないドライタイプ(非滲出型)の2つがあり、ウエットタイプが多いようです。
ウエットタイプは、脱水や貧血などが見られ、黄疸、嘔吐や下痢や便秘を繰り返すこともあります。 腹部が大きくなったり、胸水が溜まることにより呼吸困難を起こすこともあります。
ドライタイプは、腎臓や肝臓の障害、神経症状(てんかん、性格の変化、異常な行動、歩行困難、感覚麻痺、排泄の麻痺、顔面神経の麻痺など)、眼の障害がよくみられます。
引用元-猫伝染性腹膜炎(FIP)

愛猫がFIPと診断された!生還ってあるの?治療は?

■治療

極めて死亡率の高い病気であり、確実な治療法は現在も確立されていません。
免疫複合体の生成を抑えるために免疫抑制療法も試みられていますが、その効果に関しては賛否分かれます。結果的に根本を治すことより、対症療法に重きが置かれているようです。

■予防

発症してしまってからでは治療が難しい病気なので、予防ができるものなら予防してあげたいものです。
残念ながら、予防注射は現在のところまだ開発されていません。
しかし、この病気の特徴から考えると「病原性が少ない猫コロナウィルスが猫の体内で病原性の強いFIPウィルスに変異しないように」なるべくストレスのかからない飼育方法を心がけてあげることが一番重要だと考えられます。
又、不特定多数の猫との接触はなるべく避けておく事も猫コロナウィルスをはじめ猫免疫不全ウィルスや猫白血病ウィルス等の感染する機会を少なくするためには有効な手段だと言えるでしょう。

もの言えぬ動物達の場合、飼い主さんが気付いてあげる事が重要なのです。
動物達が私たちに安らぎを与えてくれるお返しとして、動物達が楽しく健康でいられるように気づかってあげる事が飼い主さんの勤めとも言えるでしょう。
引用元-マスダ動物病院|動物病院だより

猫がFIPになってしまったけど生還したケースも

私自身は体験者ではりませんが、友人二人の愛猫がこの病になりました。

一人はかなり積極的に治療しました。
もう一人は、できるだけゆっくりさせ、高栄養食を食べさせていました。

現在、数年たちますが、この二人の愛猫は、じゃっかん後遺症があるものの生きています。

私はFIPは助からない病気だと思っていましたが、ドライタイプでの生還話は何ケースか聞いています。

共通しているのが「無理させず、のんびり。できるだけ高栄養食を食べさせる」でした。
他の方が記載されているように、高栄養食で、少量でも栄養を取れるようにしてみるのをおすすめします。
その方が、猫自身も楽かもしれません(食べるだけでも体力使いますから)。

引用元-FIPに感染した我が家(1歳7カ月)の猫について。 – はじめまして。我が家の… – Yahoo!知恵袋

まだ食べる気持ちがあるのなら、とにかく高栄養な食べ物を与えるといいと思います。
ヒルズのa/d缶、ウォルサムの退院サポート、ロイヤルカナンのベビーキャットなど子猫や母猫用、ウサギ肉のパウチなど。
あとは成猫でも大丈夫なヤギミルクなど。

FIPなのにここまで持っているなんてすごいです!
頑張って欲しい。
引用元-FIPに感染した我が家(1歳7カ月)の猫について。 – はじめまして。我が家の… – Yahoo!知恵袋

猫がFIPにかかるのはストレスが原因だった?

純血種が多い?

統計的には、FIPの発症率は純血種の方が多く、mixの方が少ないそうです。

これについては、純血種の方が子猫の時から大切に育てられて、大きなストレスにさらされる確率が少なく、ストレスに対しての免疫が少ないので、少しのストレスでも発症の引き金になってしまう。

mixの子猫は、幼い時期にご飯が満足に食べられなかったり、親兄弟との早い別れなどのストレスを経験する個体が多いので、ストレスへの免疫があるから、というのですが…。

純血猫が、すべて大切に育てられているか?
mixだから、過酷な境遇を生き抜いてきたか?

とは、一概に断定できないので、わたし個人は確率の問題でしかないように思います。 個人的な考えですが、わたしは(もしかしたら)『FIPを発症させやすい遺伝子』というものが存在していて、純血猫は限られた遺伝子プールで繁殖されるので、それを受け継ぐ個体が多い=純血種の方が発症率が高いのではないか?と想像しています。
※あくまでも素人の想像です。

もし、純血種のブリーダーさんのお宅でFIP発症猫がでたら、その猫のラインを繁殖に使うのは止めることが一番安全ではないか?と考えます。
引用元-FIP最新情報と猫のストレス 【猫】 All About

 - 動物・ペット

ページ
上部へ