疑問やわからないことはすぐにググれ!

ぐぐりますた

これからの高校が義務教育になるメリット・デメリットとは

   

これからの高校が義務教育になるメリット・デメリットとは

高校が義務教育になると言う話が取り上げられているが、それはどこまでが本当か?

メリット・デメリットとは?小学校からの義務教育は高校までは長すぎ?

高校の無償化など、今後考えていきたい9年制義務教育学校創設とは?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

会社の同僚や仕事関係の香典を渡す範囲について

香典を出す時の金額は会社の同僚や仕事関係の取引先だといくらぐ...

髪の毛をショートにして失敗した時のスタイリングのコツ!

長い髪の毛からショートにするってドキドキしますよね。 ...

流産のあと出血が続く日数は?知っておきたい流産後の知識

悲しいことにせっかく授かった命とのお別れである流産。女性にと...

毎日腹筋50回するよりゆっくり10回程度の方が効果的!?

毎日腹筋50回してダイエットするぞ!と意気込んでいる方も多い...

自分の鼻が臭い?こするとさらに臭い気がする。原因は皮脂と雑菌!

なにげなく鼻のあたりをこするとなぜか臭い? 意外に多くの人が...

猫が便秘なって1週間!猫の便秘解消方法をご紹介!

飼い猫が便秘かもしれない…便を1週間出していない…そんな不安...

東京大阪間で単身赴任する時に役立つ情報をお届け!

東京から大阪へ、また大阪から東京への転勤が決まった場合、単身...

蜘蛛退治にアロマが効果的?アロマの配合レシピもご紹介!

室内に蜘蛛を見つけたら退治する必要がありますが、小さな子供が...

大学の就活の面接で尊敬する人物はこう答えれば問題なし!

大学の就活の面接で良く聞かれるのが「尊敬する人物」ではないで...

窓用エアコンは雨の日の使用はNG?その理由を教えます!

窓用エアコンが人気といいますが、雨の日には使わない方がいいと...

バイクのチェーンが伸びるとどうなる?交換の目安もご紹介します

走行距離が長くなったり、ハードな運転をするとバイクのチェーン...

トマトアレルギー!?トマトの離乳食を嘔吐した原因と対処法

赤ちゃんに初めてトマトを離乳食であげたとき、嘔吐してしまった...

猫の鼻水の吸引の方法とは?猫の鼻水の対処方法についてご紹介

猫の鼻水を吸引するにはいったいどんな方法があるのでしょうか?...

メダカの水槽に入れてる水草が腐る原因やお勧めの水草

メダカの水槽に入れている水草が溶けたように腐る原因は何でしょ...

アボカドの栽培で実ができるまで何年かかる?そのコツをご紹介!

森のバターと呼ばれている「アボカド」。実際に栽培してみたいと...

耳に感じる違和感は病気が原因?時々であっても要注意!

耳にいつもじゃないけど時々違和感を感じる・・・そんな場合、ど...

ボルタレンやロキソニンを親知らずを抜歯したら処方される

親知らずを抜歯後に処方される薬としてボルタレンとロキソニンが...

ハーブのシャンプーの作り方とは?体に優しいハーブシャンプー

なんだか普通のシャンプーだと汚れが落ちていないような・・・?...

子猫の保護。衰弱しているときの対処法と先天的な病気教えます

たまたま衰弱した子猫を発見!そんなときはどうしたらいいの? ...

アルブミンの低下した犬の病気の原因と治療法について

アルブミンが低下する犬の病気とはどのような症状なのでしょうか...

スポンサーリンク


高校が義務教育ではないのは何故? メリットは高校を選べるから?

義務教育が12年の所はありましたっけ。6歳で就学するとして18歳まで義務教育の所はないと感じますが、どこでしょうか。

自分が思うに、高校義務化をしない理由の最大のものは、入試を入れたいからです。

高校入試を設けることで、中学生に勉強させると言う意味が第一。
次に、高校段階で、階層化が出来る。つまり、特権階級優遇ができると言う政策的な意味があるのでしょうね。

自分の意見は、一時京都で行われていたように、高校受験も小学区制にすることです。
そして、高校義務化がいいと思います。公立に行く子は全て同じ高校だけにして、より良い学校に行きたい子と、公立に行くだけの学力のない子は私立に行ってもらう。公立を落ちて私立へ行く場合は、行政から補助金を出せば、高校義務化でも無理がないと思います。
すでに、高校進学率98%ですが、上位の高校は、いい生徒だけが集まり、却って教員はある意味手抜きが出来てしまっています。生徒の意欲が高いので生徒の自主性に任せるだけになるわけです。
また、底辺高は、同じく、生徒が学力が無いので、それによりかかってしまい、ほとんど教案作りをしないで、授業することになります。
レベル分けがされた結果、却って、学習到達への努力がされなくなっているのが現実です。
これを可能にさせているのが、学校ごとに絶対評価が出来るシステムですね。底辺高で最高の成績を取っても、いわゆる進学校での最低レベルにさえ行かないことが多い。これは、生徒の責任ではなくて、学校側の責任ですよ。
高校卒業時にいわゆるセンター試験のようなものをやり、4割以上取れなければ卒業は認めないとするなど、もっときちんとした学力保証のシステムが必要です。ほとんどの生徒は、きちんとやれるのですから。
引用元-なぜ高校は義務教育じゃないと思いますか?? – 高校 解決済 | 教えて!goo

高校の義務教育ではなく、無償化の具体的な中身のメリットは?

 新政権は、前政権当時に各省庁が提出した来年度予算の概算要求を白紙に戻し、概算要求を組み直すという例のない措置を取った。そして、2度目の概算要求の作成は大臣、副大臣、政務官の政務三役による“政治主導”で行われ、民主党のマニフェスト(政権公約)に掲げられた政策が次々と盛り込まれた。その中で文部科学省の概算要求事項の目玉の一つが「高校無償化」だ。

では、高校無償化の具体的な中身とはどんなものなのだろうか。文科省の概算要求によると、国公立高校の場合、年額「11万8800円以内」の範囲で各都道府県などに高校の授業料分を国が就学支援金として交付し、保護者からは授業料を徴収しない。つまり、保護者や生徒の立場から見ると、国公立高校の授業料は実質的に無料となる。ちなみに「11万8800円」というのは、地方交付税算定基礎という国のガイドラインの一種に盛り込まれている公立高校の標準額で、これを参考に各都道府県は公立高校の授業料を設定することになっている。

一方、私立高校の場合は、生徒一人当たり同額の「11万8800円」(年収500万円以下の世帯の生徒は「23万7600円」)を就学支援金として都道府県を通して私立高校に交付する。ただし、私立高校の平均授業料は年間約35万円に上るため、就学支援金があっても授業料は無償とはならない。このため川端達夫文部科学相は、年収350万円以下の世帯に対して授業料と就学支援金の差額分を都道府県が負担し、実質的に授業料を無料とする方針を打ち出しており、そのために必要な経費を地方交付税に上乗せする考えだ。
引用元-高校無償化とはどんな政策か – 教育ウォッチ | 学びの場.com

現状での中学までの、義務教育のメリットとデメリットとは?

メリット

・9年間の一貫した教育(カリキュラムの早期化)が可能
・進学のギャップが解消される(中一プロブレムの解消)
・部活動の小中一貫化
・施設一体型の場合、コストダウンがはかれる(ただし、文部科学大臣は教育予算削減が制度の目的であることを否定的に答弁している )。

など
デメリット
・人間関係が固定化しやすい
・行事活動等で小学生(特に5、6年生)のリーダーシップ性を育てる機会が減少する
・9年間の途中で学習に挫折をする可能性(カリキュラムを早期化する場合)※学び直しのためのカリキュラムを用意する必要が出てくるものの学習指導要領の範囲を超える学習のためのコスト負担については、義務教育における教育の機会均等とのからみや議論も必要となる。
・教職員の教育免許は小学校の教員免許状及び中学校の教員免許状を有する者でなければならないが、両者の養成課程は独立している場合も多く、両方の免許を取得していない教員も少なくない。なお、当分の間、小学校または中学校の教員免許状を所持していれば、対応する前期課程または後期課程の教諭等になることはできる。
・小学校段階から教科担任制を導入すると、学級担任制のメリットがなくなる。
・職員の会議が多くなり、職員の負担が増加する
引用元-義務教育学校 – Wikipedia

小学校からの義務教育の内容や、今後の改善とはどんな事が必要か?

・義務教育の内容の改善や財政的な措置を含め、義務教育期間は延長すべき。5歳入学から10年か、6歳から今の高等学校までの12年間とするか、いろいろな議論があると思う。

・家庭で躾がされておらず、また、幼稚園や保育園における保育から小学校教育への接続に課題があるため、小学校低学年の学級できちんと学習できないというクラスがたくさんある。小学校の教育がきちんとなされるためには、義務教育を低年齢化するというのはやむを得ない。

・義務教育年限は9年のままでよい。意識調査の結果を見ても、現状維持の声が大きい。延長のメリットが必ずしもはっきりしていない。
9年を変えるだけの必然性やニーズがあるのか疑問。そもそも、9年間の義務教育で確保される時間を相当減らしてきたことについて考える必要があるのではないか。

・財政負担の分だけ教育効果が期待できるのかという点も踏まえて十分に検討すべき。今の財政状況を考えると、義務教育期間の延長は困難を伴う。義務教育年限を延長するよりは、9年間の義務教育の条件整備をさらに進めて、教育効果を上げるほうが現実的。

・地方公共団体にとっては、国庫補助金が来るのであればいいが、財源保障がないと、9年を伸ばすことは非常に苦しい。

・9年間の義務教育は維持すべき。現在、教育内容や幼児児童の心身の発達という観点から、9年を伸ばすという議論が出ているわけではないと思う。

・小1プロブレムの解消のために修業年限を下げるというのはあまり効果は無い。家庭の教育力、あるいは家庭に対する支援が、小1プロブレムの解消につながってくると思う。
引用元-5.義務教育の年限:文部科学省

考えたい9年制義務教育学校創設の、メリットとデメリット

自分の道を選択するきっかけを失うことに

学習面という観点から考察すれば、小中学生の授業内容が一貫して管理できることから、一体的なカリキュラムを学習できます。要は、勉強が得意な子どもは中学生の内容を小学生の内から先取り学習することができ、逆に苦手な子どもは中学生になっても小学生の内容から復習することができるのです。結果、学習意欲が高まり、自立型学習の向上へと繋げられるメリットがあります。

また、小学生から中学生への成長は、子どもたちにとっても考え方が大きく変わりやすい時期です。小学校入学時は何気なく入学しても、卒業時には自分なりの未来への目標を持っている子ども、意思を持つ子どもが現われます。そうした際、中学進学というきっかけで道を変更できていたことが難しくなるのではないかという不安は残ります。

多方面で疑問は残るため、問題点を洗い出していく必要がある

一方で、一貫制によって中学生になっても学校のルールや方針に変更がなく、制服を買い換える必要がないというのは、保護者にとっては負担が軽減されるかもしれません。

その他、現在の中高一貫校の行く末、教員免許や教員の採用についてなど、まだまだ多方面での疑問も残りますが、改正後の問題点をさらに洗い出し、考えを煮詰めていくことが大切です。
引用元-9年制義務教育学校創設のメリットとデメリット | JIJICO 【ジジコ】 – 毎朝3分の知恵チャージ

 - 社会・政治

ページ
上部へ