疑問やわからないことはすぐにググれ!

ぐぐりますた

ポリエステルのコートは寒いの?ポリエステルの特徴とは。

   

ポリエステルのコートは寒いの?ポリエステルの特徴とは。

勝手の良さ&加工のしやすさからワイシャツやジャケット、ウインドブレーカーなど、さまざまな衣服に使用されているのが特徴のポリエステルですが…コートは寒いの?

コートは形状で寒さが違いますが…

コートを選ぶ時のポイントと注意点や、コートの素材ランキングなど調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

会社の同僚や仕事関係の香典を渡す範囲について

香典を出す時の金額は会社の同僚や仕事関係の取引先だといくらぐ...

髪の毛をショートにして失敗した時のスタイリングのコツ!

長い髪の毛からショートにするってドキドキしますよね。 ...

流産のあと出血が続く日数は?知っておきたい流産後の知識

悲しいことにせっかく授かった命とのお別れである流産。女性にと...

毎日腹筋50回するよりゆっくり10回程度の方が効果的!?

毎日腹筋50回してダイエットするぞ!と意気込んでいる方も多い...

自分の鼻が臭い?こするとさらに臭い気がする。原因は皮脂と雑菌!

なにげなく鼻のあたりをこするとなぜか臭い? 意外に多くの人が...

猫が便秘なって1週間!猫の便秘解消方法をご紹介!

飼い猫が便秘かもしれない…便を1週間出していない…そんな不安...

東京大阪間で単身赴任する時に役立つ情報をお届け!

東京から大阪へ、また大阪から東京への転勤が決まった場合、単身...

蜘蛛退治にアロマが効果的?アロマの配合レシピもご紹介!

室内に蜘蛛を見つけたら退治する必要がありますが、小さな子供が...

大学の就活の面接で尊敬する人物はこう答えれば問題なし!

大学の就活の面接で良く聞かれるのが「尊敬する人物」ではないで...

窓用エアコンは雨の日の使用はNG?その理由を教えます!

窓用エアコンが人気といいますが、雨の日には使わない方がいいと...

バイクのチェーンが伸びるとどうなる?交換の目安もご紹介します

走行距離が長くなったり、ハードな運転をするとバイクのチェーン...

トマトアレルギー!?トマトの離乳食を嘔吐した原因と対処法

赤ちゃんに初めてトマトを離乳食であげたとき、嘔吐してしまった...

猫の鼻水の吸引の方法とは?猫の鼻水の対処方法についてご紹介

猫の鼻水を吸引するにはいったいどんな方法があるのでしょうか?...

メダカの水槽に入れてる水草が腐る原因やお勧めの水草

メダカの水槽に入れている水草が溶けたように腐る原因は何でしょ...

アボカドの栽培で実ができるまで何年かかる?そのコツをご紹介!

森のバターと呼ばれている「アボカド」。実際に栽培してみたいと...

耳に感じる違和感は病気が原因?時々であっても要注意!

耳にいつもじゃないけど時々違和感を感じる・・・そんな場合、ど...

ボルタレンやロキソニンを親知らずを抜歯したら処方される

親知らずを抜歯後に処方される薬としてボルタレンとロキソニンが...

ハーブのシャンプーの作り方とは?体に優しいハーブシャンプー

なんだか普通のシャンプーだと汚れが落ちていないような・・・?...

子猫の保護。衰弱しているときの対処法と先天的な病気教えます

たまたま衰弱した子猫を発見!そんなときはどうしたらいいの? ...

アルブミンの低下した犬の病気の原因と治療法について

アルブミンが低下する犬の病気とはどのような症状なのでしょうか...

スポンサーリンク


ポリエステルが多く含まれているコートは寒い?ポリエステルの特徴

ポリエステル(Polyester)

ポリエステルの特徴
ポリエステルはナイロン、アクリルと合わせて「3大合成繊維」といわれています。

ポリエステルは「丈夫・水に強く乾きやすい・シワになりにくい・軽い」など、その使い勝手の良さ&加工のしやすさからワイシャツやジャケット、ウインドブレーカーなど、さまざまな衣服に使用されています。

引用元-冬のアウターはどれがいい?コートの素材(生地)の種類と特徴まとめ-おしゃれになる方法

ポリエステル製のアウターは丈夫なので、「傷が入ったらどうしよう・・」なんて細かいことを気にせず、ガンガン使うことができるのがいいですね。

ポリエステルの欠点

暖かさや肌触りのよさ、着心地の良さではコットン(綿)やウール、カシミヤに劣ります。また、ポリエステル製の衣服は毛玉ができやすいです。

とはいえ、ポリエステルは「シワになりにくい」というメリットがあるからなのか、
1着あたり10数万円もするような高価なアウターに「カシミヤ90%、ポリエステル10%」という風に使われていることがあります。

管理人の雑感

個人的には、服の種類にもよりますが、「ポリエステルが多く含まれている衣服は、真冬用のアウターには寒いかな・・」と感じています。

引用元-冬のアウターはどれがいい?コートの素材(生地)の種類と特徴まとめ-おしゃれになる方法

コートは形状で寒いかが違う!ポリエステルなどコート素材ランキング!

コートの暖かい素材ランキング

  1. カシミヤ
  2. アンゴラ
  3. ウール
  4. ポリエステル
    やはりカシミヤが暖かいですが、高級素材のため値段が高く、お手入れにも手間がかかります。

お手入れに手間をかけたくないなら、丈夫なポリエステルが良いかもしれませんね。

ちなみに値段が高いからといって、高級品というわけではなく、デザイン料なども含まれているので、値段だけで判断するのはNGです。

高いからと言ってカシミヤ100%と思っていたら、実は違ったなんてこともあります。

購入前に、きちんと確認しましょう。

コートの形状により暖かさは違う!

上記で暖かいのはカシミアと紹介しましたが、カシミア素材のコートは、形状がトレンチコートやチェスターコートなどです。

これらのコートはダウンコートに比べて寒く感じます。

ダウンコートであれば首元までファスナーが閉まり、袖口も絞られているので防寒性に優れています。

ただダウンコートは、フォーマルな場にはふさわしくありません。

フォーマルな場にはカシミアのコート、普段の通勤着などにはダウンコートと、使い分けるのが良いでしょう。
引用元-暖かい素材のコートはどれ!?素材別暖かさランキングベスト4 | Jury Mode

ウール・ポリエステルのコート…どっちが寒い?暖かい?

ウールコートは暖かいですが、最近のポリエステルのコートも密度が高いです。
好きなデザインを選ぶと良いですよ

ウールの品質のよいモノとポリエステルの品質のよいモノならウール。
品質のよくないウールだと品質のよいポリエステルの方が良いと思います。
触り心地とか、個人の好みもありますね。
引用元-ウール100%のコートとポリエステル100%のコートだったら同じ厚さの場合寒さは… – Yahoo!知恵袋

暖かさは、着比べても大きく実感するほどは変わらないと思います。

個人的には手触り、丈夫さ、長持ちなどを考えると、ウールのほうが断然オススメです。
あとは試着したときの着心地やデザインでお選びになるのが良いかと思います。
引用元-ウール100%のコートとポリエステル100%のコートだったら同じ厚さの場合寒さは… – Yahoo!知恵袋

最近のポリエステルは中空繊維という物が有り、軽くて柔らかくて温かいものが作れるようになってます。

繊維の太さから言っても、風を防ぐ効果はポリエステルのほうが高い。雨は、繊維に表面加工するとか、極細繊維を密に編むなど方法は有りますがビニルみたいな安っぽい質感になるのが欠点。

ぶっちゃけ、「暖かさ」というだけなら圧倒的にポリエステルが有利でしょう。天然素材だとどうしても暖かさと比例して重くなる。軽くて温かいものを作るのは苦手。

表地がウールで内側がポリエステルなのが一番なのかも
引用元-ウールのコートと、ポリエステルのコート。暖かさは、同じですか… – Yahoo!知恵袋

コートを選ぶ時のポイントと注意点。

ポイント1:色

著者が探していたのは著者のどの冬服にでも合うコートで、著者の冬服はブラウン系が多いのでベージュならどれでも合うと思って購入しました。黒でも合うのですが、丈が長めなので黒だと重たい印象になると思い、明るめの色を選びました。

自分の持っている服の色やイメージに合う色を選びましょう。

ポイント2:素材と価格

ダウンコートで大事なのは中綿のダウンとフェザーの比率です。ダウンのパーセンテージが高いほど軽くて暖かいので、いろいろなお店を見て回ったのですがダウンが80%入っているダウンコートはほとんど価格も高めでした。でもこのお店はちょうどバーゲンをしていたので比較的安く手に入れることができました。

良い物は値段も高いので、バーゲンを狙いましょう。

ポイント3:あたたかさ

前はチャックとボタンの二重構造になっていて、襟までボタンがついています。チャックやボタンだけでは服の中に隙間風が入ってしまうので、二重構造になっているととてもあたたかいです。

また、丈が膝ぐらいまであるので腰やおしりもポカポカで、まるで羽毛布団にくるまりながら外を歩いているみたいです。

あたたかさを求めるなら、素材以外にもコートの前をとめる構造と丈を考慮しましょう。
引用元-コートを選ぶ時のポイントと注意点 | nanapi 【ナナピ】

暖かそうに見えるものでも…そんな素材はあったかくないなと思う…

アクリル、ポリエステル、ナイロン。——あったかいわけないでしょうが! とわめきたくなるほど、今年は天然素材の暖かなものがなかなか見つからず——ちょっとキレ気味です;;
なにしろ寒がりですからこのへんは切実なんですよ………。

ダウンコートは暖かいものをお得なお値段で入手しましたが、ウールのコートは壊滅状態。気に入ったものが見つからず、今年はダメかとあきらめつつあります。

しかし驚くのは、今年の秋冬物の全体的な「ぱちもん」ぶり。
ダウンコートに見えるけれども、じっさいは「中綿入り」コートだとか、ニット類はとにかくアクリルばかりだとか。

いちばん頭に来たのは「カシミヤタッチのセーター」。
カシミヤではないんです、カシミヤタッチ。カシミヤ風。
てざわりはそんな感じだけど実態はアクリル、ナイロン。
なんなのその「シャネル」じゃなくて「チャネル」、「ホンダ」じゃなくて「ホングタ」みたいな紛らわしさは!

ぱっと見、外見としてはそれらしく、暖かそうに見えるものでも、そんな素材ではなんもあったかくないな、というものばかりなんですよね。

引用元-つぶやき日記・2 見かけ倒しの秋冬

 - ファッション

ページ
上部へ