疑問やわからないことはすぐにググれ!

ぐぐりますた

犬の出産は一度で子犬を何匹産むの?犬の出産と注意点について

   

犬の出産は一度で子犬を何匹産むの?犬の出産と注意点について

犬の出産は安産で、たくさんの子犬を一度に産むと聞いたことありますよね。

実際には何匹くらい産まれるものなのでしょうか?

犬の出産についてご紹介致します。また安産と言われる犬の出産ですが、自宅出産での注意点も一緒にまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

これは病気?目の粘膜にできる白いできものの正体!

気付けば目の粘膜に白いできものがある…。そんな経験はありませ...

太ももの内側に発疹ができる原因と対処法をご紹介します。

発疹が出る場所の特徴として皮膚の柔らかい場所の太ももの内側に...

同性の友達がいない・・・そんな人の特徴について調べてみました

なぜ自分には同性の友達がいないのかと悩んでいませんか? ...

食後にくる腹痛や寒気の原因とは?こんな病気の症状かも?

食後の腹痛や寒気はもしかしたら病気が原因かもしれません!? ...

うさぎにトイレをしつける方法をご紹介!

うさぎにトイレってしつけできるの?って思ったことはありません...

旦那が帰宅後ゲームしながらくつろいで家事をしない…ウチ共働きデス

旦那は帰宅後ソファーでくつろぎながらゲームをしています。 ...

双子の流産の処置はこのようにするのが一般的

病院に行って検査したら双子を妊娠していたなんて経験はありませ...

出産時に入院する時には赤ちゃんのオムツは必要?選び方のポイント

出産する時に入院する時の必要なものとして赤ちゃんのオムツは必...

どれくらい飲ませればいいの!?赤ちゃんのミルクの足し方とは

初めての子育ては、何かと心配になってしまうものですよね。 ...

no image
彼氏の電話の断り方とは?上手に断れば彼氏もなっとく!?

彼氏からの電話・・・疲れているときは正直お断りしたい。 ...

小学校の運動会のかけっこは練習で早くなれる!?走り方について

小学校の運動会のかけっこ・・・足が遅いから苦手という子供も練...

さりげな~く、新しい友達を作るコツ【高校編】

高校に入学して、新しい友達を作ることに、不安を感じる方は多い...

貧血?と感じたら目のまぶたが白いかチェックしてみよう!

めまいやなんだか疲れやすく顔色も悪い、もしかしたら貧血かも・...

ピルを処方してもらう時の方法とピルの効果についてご紹介!

今はたくさんの女性がピルを服用していると思います。使用してい...

韓国と日本をあらゆる角度から比較してみた!

韓国と日本を比較した場合、どんな違いが見えてくるのか興味あり...

部活の顧問が理不尽で横暴な時に考えるべき事

部活の顧問が横暴で理不尽な人格だったら? スポーツや芸...

手荒れがひどい時には…手袋とワセリンの最強コンビでピカピカに!

手荒れがひどい時にはワセリンを塗って綿の手袋をはめるといいっ...

会社の同僚や仕事関係の香典を渡す範囲について

香典を出す時の金額は会社の同僚や仕事関係の取引先だといくらぐ...

髪の毛をショートにして失敗した時のスタイリングのコツ!

長い髪の毛からショートにするってドキドキしますよね。 ...

流産のあと出血が続く日数は?知っておきたい流産後の知識

悲しいことにせっかく授かった命とのお別れである流産。女性にと...

スポンサーリンク


犬の出産は一度のお産で、子犬を何匹産むの?

”犬の”一回のお産〜平均は6〜10匹

犬種や犬のサイズなどを考慮せず”犬の”一回のお産とした場合、平均6〜10匹を産むそうです【1】。もちろん6匹より少ない場合も、10匹以上を産むこともあります。

何匹産むのかは犬のサイズに依存する

一般的には、サイズの大きい犬は同腹の仔の数が多く、サイズの小さな犬は少ない数の仔を産みます。身体のサイズが大きいと子宮も大きく、たくさんの仔を体内で育てることができるという要素が大きく影響するようです。
引用元-犬は一回の分娩で何匹の子犬を産むの?ギネス記録はマスティフの24匹! | the WOOF

仔犬のサイズに大きな違いはない

出産時の仔犬のサイズは、犬種によって大きくは違いがないそうです【2】。犬種が違っていても、1匹の体重は概ね数十グラムから数百グラムのレンジに収まるそうで、成犬ほどの差異はないとのこと。そう考えると、トイドッグが2〜3匹しか産めないけれど、バーニーズ・マウンテン・ドッグが20匹も産める(もちろん多産の時ですよ〜)、というのは納得できちゃいますね。

母犬の年齢や出産経験によっても差がある

初産のとき、あるいは母犬の出産年齢が高くなると、一回に出産する仔の数は少なくなるそうです。また、妊娠時の母犬の置かれた環境によっても差が出るそうです。適切なケアが施された場合は仔の数が多くなり、不適切な時は少なくなることもあるとのこと
引用元-犬は一回の分娩で何匹の子犬を産むの?ギネス記録はマスティフの24匹! | the WOOF

何匹生まれるかは病院でわかる!犬の出産と妊娠期間について

犬の妊娠期間は約2ヶ月くらいです。交配してから63日くらいです。

人間のように10ヶ月くらいではなくて、犬の妊娠期間は短いです。

もちろん、多少早まったり、遅くなったりすることもあります。

遅くなる場合は、帝王切開をすることもあります。また、頭の大きな犬種などは帝王切開をすることが多いです。

妊娠したかどうかの兆候については、交配後3週間くらいで、一時的に食欲がなくなったり、嘔吐をする場合があります。

交配から1ヶ月ちょっとすれば、お腹が大きくなりだします。

出産が近づくと、動物病院でお腹の中に何匹いるかをチェックしてもらってください。

犬の出産の場合は何匹生まれてくるか分からないので、いつ出産が終わったかが分からない場合もあります。

私の今までの経験ではマルチーズが13匹子犬を産んだということがありました。これにはちょっとビックリです。

初めて出産させる場合は難産などになる場合もありますので、出産をさせたことのある人に手伝ってもらったり、動物病院で出産させるようにしてくださいね。
引用元-犬の妊娠と犬の出産のことならこのページ!犬の妊娠期間は63日。

犬が子犬を何匹出産しても飼い主の手間があまり変わらない理由

犬は、一度に何匹も産みます。
そのときは子犬を5匹産んで、親犬を含めて合計すれば、6匹になりました。
今まで1匹しか飼っていなかったのに、いきなり6匹は大きな変化でした。
さすがにそれだけ多くの犬を一度に飼うのは大変です。
産まれたばかりの子犬を、知人か誰かにすぐ引き取ってもらおうと思いましたが、しばらくして考え直しました。
さすがに生まれたばかりの犬を、すぐ親から引き離すのはかわいそうだと思いました。
ちゅうちょしました。
私もいい経験だ、しばらくの間だけでもと思い、複数の犬を飼うことになりました。

「これは犬の世話が相当大変になるに違いない」
おそらく毎日が運動会さながら、犬の世話に忙しくなるに違いないと、私も家族も覚悟していました。
犬が6匹増えたのですから、単純に考えれば、今までの6倍くらい手間が増えるだろうと思っていました。
しかし、です。
飼い始めてから数日が過ぎ、気づきました。
6匹も犬がいるにもかかわらず、飼い主の手間は変わりません。
覚悟していただけに、拍子抜けしました。
今まで通り、1匹を飼っているかのようです。
それはなぜか。
子犬の世話は、親犬がほとんどすべてしてくれるからです。
まず餌の量が増えると思いましたが、さほど変わりませんでした。
子犬は親犬のおっぱいを飲むので、子犬用の餌を用意する必要がありませんでした。
引用元-子犬を出産して家族が増えても、飼い主の手間は変わらない。 | 愛犬を長生きさせる30の方法 | HappyLifeStyle

犬の出産、違う犬種同士の交配はどのような特徴が出るの?

最近では犬種の性格や風貌から犬を選ぶことも多く、純血種をよく見かけますが、雑種犬の子犬などは見たことがありますか?

どんな特徴の子が生まれるかわからないという意味では、雑種犬の赤ちゃんは一匹ずつ特徴が少しずつ違い、見ていてとても楽しいものです。

中には、明らかに両親とは全く違う特徴を持った子犬もいることもありますが、一体犬の交配はどうなっているのでしょうか?

両親の特徴が似ていれば似ているほど、子犬たちも似てくる

基本的には、両親の外見や大きさ、行動の仕方が似ていれば似ているほど、子犬たちも似てきます。

これは純血種同士の掛け合わせを見れば一目瞭然ですね。特に純血種は、何世代にも渡って選抜育種してきた歴史があるため、同一犬種でも個体間のばらつきがとても少なくなっています。

違う犬種の掛け合わせは、両親の特徴が入り混じる

純血種と異なり、雑種の場合は犬種の特徴がどう出るか、生まれてみないとわからないのが特徴です。

例えば、トイプードルとダックスフントを掛け合わせると、もしかしたら足がすらりとながいダックスフントや、しっぽの長いトイプードルが生まれるかもしれません。
引用元-同腹の犬なのに、特徴が違う!犬の出産と妊娠について | ペット生活

犬は安産だというけれど・・・犬の自宅出産の注意点

 犬は安産だと言いますが、全部が全部と言う訳にはいきません。

犬は、交配から約2ヶ月で出産します。その間、つわりになる犬や、元気がなくなったり、食が落ちたり、または、いつもと同じで跳んだりはねたり平気でする犬もいます。流産と言うのは殆んどありませんが、出産時に子犬が引っかかって出てこない、膣が裂ける、時間がかかりすぎて仮死で産まれる等の事故は結構あります。

犬の出産時の事故を防ぐ対応策として、まず、出産予定日一週間前には、必ず病院でレントゲンを取り、お腹の中に何匹子犬が入っているか確認します。

特に小型犬の場合は重要です。チワワなどの極小犬は、母犬のお腹に子犬が1頭しかいない場合は大きすぎて、難産の確立が高いので帝王切開の方がいいでしょう。逆に、母犬のお腹に子犬が3~4頭と多い場合は、最後まで体力が持たず、子犬を出し切れないことがあります。子犬が引っかかってしまった場合は、出ている部分をつかみ、母犬のお腹に向って引っ張ります(丸める感じですね)。

子犬を飼い主の手で引っ張り出しても、息をしてない、泣かない、動かない場合は、すぐに膜を破り、タオルでくるんで、上から下に振ります。口に詰まった羊水を吐き出させ、刺激を与える為です。2~3度振ったら顔を上に向け、口に「フー」と息をゆっくり入れ、タオルの上から子犬をマッサージします。一度に大量に息を入れたり、勢いよく吹き込むと、子犬の肺が持ちませんので、注意をして下さい。
引用元-自宅出産の時の手当て~ペットショップ犬専門アドバイザーグリーン

 - 動物・ペット

ページ
上部へ