疑問やわからないことはすぐにググれ!

ぐぐりますた

新生児の写真を撮る時、フラッシュを控える理由について

   

新生児の写真を撮る時、フラッシュを控える理由について

新生児の写真は思わず、何枚でも撮ってしまいますね。

そんな時フラッシュはどうしていますか?フラッシュが目に悪いというのは本当でしょうか?

なぜフラッシュは控えるべきか?フラッシュの光の強さや、フラッシュをたかなくても上手に写真を撮る方法などをご紹介いたします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

会社の同僚や仕事関係の香典を渡す範囲について

香典を出す時の金額は会社の同僚や仕事関係の取引先だといくらぐ...

髪の毛をショートにして失敗した時のスタイリングのコツ!

長い髪の毛からショートにするってドキドキしますよね。 ...

流産のあと出血が続く日数は?知っておきたい流産後の知識

悲しいことにせっかく授かった命とのお別れである流産。女性にと...

毎日腹筋50回するよりゆっくり10回程度の方が効果的!?

毎日腹筋50回してダイエットするぞ!と意気込んでいる方も多い...

自分の鼻が臭い?こするとさらに臭い気がする。原因は皮脂と雑菌!

なにげなく鼻のあたりをこするとなぜか臭い? 意外に多くの人が...

猫が便秘なって1週間!猫の便秘解消方法をご紹介!

飼い猫が便秘かもしれない…便を1週間出していない…そんな不安...

東京大阪間で単身赴任する時に役立つ情報をお届け!

東京から大阪へ、また大阪から東京への転勤が決まった場合、単身...

蜘蛛退治にアロマが効果的?アロマの配合レシピもご紹介!

室内に蜘蛛を見つけたら退治する必要がありますが、小さな子供が...

大学の就活の面接で尊敬する人物はこう答えれば問題なし!

大学の就活の面接で良く聞かれるのが「尊敬する人物」ではないで...

窓用エアコンは雨の日の使用はNG?その理由を教えます!

窓用エアコンが人気といいますが、雨の日には使わない方がいいと...

バイクのチェーンが伸びるとどうなる?交換の目安もご紹介します

走行距離が長くなったり、ハードな運転をするとバイクのチェーン...

トマトアレルギー!?トマトの離乳食を嘔吐した原因と対処法

赤ちゃんに初めてトマトを離乳食であげたとき、嘔吐してしまった...

猫の鼻水の吸引の方法とは?猫の鼻水の対処方法についてご紹介

猫の鼻水を吸引するにはいったいどんな方法があるのでしょうか?...

メダカの水槽に入れてる水草が腐る原因やお勧めの水草

メダカの水槽に入れている水草が溶けたように腐る原因は何でしょ...

アボカドの栽培で実ができるまで何年かかる?そのコツをご紹介!

森のバターと呼ばれている「アボカド」。実際に栽培してみたいと...

耳に感じる違和感は病気が原因?時々であっても要注意!

耳にいつもじゃないけど時々違和感を感じる・・・そんな場合、ど...

ボルタレンやロキソニンを親知らずを抜歯したら処方される

親知らずを抜歯後に処方される薬としてボルタレンとロキソニンが...

ハーブのシャンプーの作り方とは?体に優しいハーブシャンプー

なんだか普通のシャンプーだと汚れが落ちていないような・・・?...

子猫の保護。衰弱しているときの対処法と先天的な病気教えます

たまたま衰弱した子猫を発見!そんなときはどうしたらいいの? ...

アルブミンの低下した犬の病気の原因と治療法について

アルブミンが低下する犬の病気とはどのような症状なのでしょうか...

スポンサーリンク


新生児の写真を撮る時のフラッシュって大丈夫?

赤ちゃんにフラッシュ撮影は、頻繁でなければ大丈夫です。とはいえ、状況や赤ちゃんの体調によっては気分が悪くなったり、泣きだすことも考えられます。

もちろんフラッシュ撮影を連続で毎日続ければ、悪影響がないとは言い切れません。

カメラのフラッシュに対しては、様々な意見があります。もしも心配な時は、赤ちゃん個人の健康や状況、ママやパパの撮影の仕方を眼科や小児科で相談してください。

フラッシュに否定的な意見では、「赤ちゃんの綺麗な網膜に悪影響」「目のストレスが脳に伝達される」「突然のフラッシュ閃光が恐怖心をつくる」等です。ちょっと頭の片隅に覚えて、嫌がる赤ちゃんがいたら思い出してください。

何らかの影響や、フラッシュ撮影を嫌がる時は無理に撮影しないことが鉄則です。赤ちゃんが嫌がることをしたら意味がありません。

ちょっとした心遣いで、赤ちゃんへの影響も減ります。例えば太陽光や明るい場所でフラッシュに頼らない撮影を心がけたり、フラッシュを使う時は目線が合わないようにするなど・・研究してみましょう。
引用元-赤ちゃんとフラッシュ撮影

新生児の写真撮影、フラッシュは視力低下につながるのか

大人でも至近距離で撮影された時、目に残像が残ることがありますよね。
撮影後も目の前にチカチカする点が見えたり、光が残ったり。これはカメラのフラッシュ撮影が影響しているのです。
フラッシュをたいた時のストロボ光の残りなので、残像が目に残ることは異常ではありません。しかし赤ちゃんの場合は目の膜も未発達なので少し心配。
常識の範囲で1~2度フラッシュ撮影をすることは特に問題はありません。しかし赤ちゃんを撮影する時は可愛いあまり連写にしたり、シャッターを押す回数も増えてしまいます。やたらフラッシュ撮影を続けると、赤ちゃんは目がチカチカしてしまうかもしれません。
引用元-フラッシュ撮影が赤ちゃんに与える影響とは?控えておきたい4つの理由 | ママイラ|ママのイマ!をラクに!変えるママの為のお悩み解決サイト

フラッシュ撮影が視力の低下の原因になると心配することもありますが、1度のフラッシュ撮影で視力に影響が出ることは、まず考えられません。
最初の頃、視力がない赤ちゃんは、はっきりと視界が見えているわけではありません。しかし、明るさには反応しており、明暗の変化は感じ取れます。
フラッシュ光はそこまで、はっきりとした影響を与えませんが、何度も続ければ網膜に影響を及ぼす可能性もゼロではありません。
特に新生児を、至近距離で目線を合わせてフラッシュ撮影することは、光を直視するのであまりお勧めできません。
引用元-フラッシュ撮影が赤ちゃんに与える影響とは?控えておきたい4つの理由 | ママイラ|ママのイマ!をラクに!変えるママの為のお悩み解決サイト

新生児の視力の発達と、写真撮影フラッシュの光の強さについて

赤ちゃんの視力の発達

新生児~生後1カ月の赤ちゃんの視力は、0.02~0.03だと言われています。物をくっきりハッキリと見る視力はまだ養われていません。しかし、光の明暗はしっかりとわかります。至近距離でフラッシュをたいて撮影した時に、眩しそうな表情をするのは、光の刺激を目でしっかりと受け止めているからなのです。視力が未発達である赤ちゃんや、弱視の子供にとって、明るい光は非常に強く、眩しく感じるものです。カメラのフラッシュにおいても、大人より強く感じているのです。

その視力は成長とともに発達し、4歳頃で1.0まで上がります。
ただし、その過程で目に良い刺激を大いに与え、目に悪い刺激は与えないように気を付けることが大切です。

フラッシュの光の強さ

現在の家庭用カメラに使用されているフラッシュは、多くは「ストロボ」と呼ばれますが、それば商標名であり正しくは「エレクトロニック・フラシュ」「スピードライト」等という名称です。昔は「フラッシュバルブ」と呼ばれる、金属マグネシウムに着火させた一瞬の光を利用したフラッシュでの撮影が多く使われていましたが、現在のカメラには使用されていません。なぜなら、このストロボと呼ばれるフラッシュは、小型ながら強く大きな光を一瞬に発光することが出来るという高性能を持っているからです。
引用元-赤ちゃんを撮影する時に絶対やってはいけないこと | 育児の教科書

あえてフラッシュをたかずに、ナチュラルな印象に

ご出産直後両家総出(?)で、面会に来られ、コットの新生児を取り囲み、芸能人の記者会見みたいにカメラフラッシュをバチバチ光らせながら記念撮影に励む方たちがいらっしゃる一方、赤ちゃんの視力にカメラフラッシュは良くないのではないかと案じておられるお母さんも居られます。

どうなんだろう?
可愛い表情をチャンスを逃さず撮ってあげたいけど、でも・・・と思いますよね。
視力低下についてはそのような症例は聞いたことがありません。
元来、新生児の視力は0.02~0.03程度と言われています。
(30cmくらいの距離だったら一番しっくり焦点が合う状態です。)
なお、明暗は感じています。

いつもいつも記者会見級のフラッシュならいざ知らず、お家でポートレイトとして撮影する程度ならば問題ないと思われます。
但し、くっきりハッキリだけが写真の命ではありませんからね。
乳幼児向けの撮影テクニックでは、敢えてフラッシュは焚かない方が仕上がりの風合いで、ナチュラル感がアップするというアドバイスが頻繁にされていますよ。
特に月齢が進むと、フラッシュの光にビックリするのか表情が固まってしまい、結果として「何だかイメージと違うなぁ~。」という仕上がりになるようです。(汗)

それ以前に、眩しくて目を閉じてしまうことはオトナにでもよくあることですし。
またこれは一般的な赤ちゃんに当て嵌まりそうなことですが、フラッシュを焚かなくてはならない時間帯の赤ちゃんは機嫌の悪いことが多く、とても写真撮影どころではないと思いますよ。
引用元-カメラフラッシュの光と赤ちゃんの視力について。: 最強母乳外来《 過去記事図書館 》

新生児を可愛く撮りたい!高感度カメラならノンフラッシュでもOK

高感度カメラなら手ブレにも被写体ブレにも強い!

生まれたばかりの赤ちゃんは室内で撮ることがほとんど。そのためどうしても、明るさが足りずに手ブレや被写体ブレによる失敗をしがちです。特に被写体ブレは手ブレ補正カメラでも止めることができません。

高感度カメラは暗い室内でも速いシャッタースピードで撮ることができ、手ブレも被写体ブレもピタリと止めて写すことができます。

高感度カメラならノンフラッシュでやさしく撮れる!

生まれたての新生児にフラッシュの強い光は禁物。赤ちゃんを撮るときはフラッシュをOFFにして撮るのが鉄則です。また、フラッシュの光は人工的で立体感に乏しい写真になりがちです。

高感度カメラなら、明るさの足りない室内でもノンフラッシュで撮影OK!自然光を活かした、やわらかい雰囲気で撮影することが可能です。また、フラッシュの使用が減ることにより、電池を長持ちさせることができます。

引用元-赤ちゃん・子どもを撮ってみよう! | Fotonoma 写真撮影テクニック

 - 出産・育児・子育て

ページ
上部へ