疑問やわからないことはすぐにググれ!

ぐぐりますた

赤ちゃんの歯に茶渋!?子供の歯の茶渋と対処方法

   

赤ちゃんの歯に茶渋!?子供の歯の茶渋と対処方法

赤ちゃんの歯にも茶渋がつく?お茶を飲むと子供の歯にも茶渋はつくようです。

子供の歯の茶渋はどう取ったらよいのでしょうか?

小さい子供の茶渋の取り方や、少し大きくなったらできる茶渋を取る方法、また予防方法もまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

会社の同僚や仕事関係の香典を渡す範囲について

香典を出す時の金額は会社の同僚や仕事関係の取引先だといくらぐ...

髪の毛をショートにして失敗した時のスタイリングのコツ!

長い髪の毛からショートにするってドキドキしますよね。 ...

流産のあと出血が続く日数は?知っておきたい流産後の知識

悲しいことにせっかく授かった命とのお別れである流産。女性にと...

毎日腹筋50回するよりゆっくり10回程度の方が効果的!?

毎日腹筋50回してダイエットするぞ!と意気込んでいる方も多い...

自分の鼻が臭い?こするとさらに臭い気がする。原因は皮脂と雑菌!

なにげなく鼻のあたりをこするとなぜか臭い? 意外に多くの人が...

猫が便秘なって1週間!猫の便秘解消方法をご紹介!

飼い猫が便秘かもしれない…便を1週間出していない…そんな不安...

東京大阪間で単身赴任する時に役立つ情報をお届け!

東京から大阪へ、また大阪から東京への転勤が決まった場合、単身...

蜘蛛退治にアロマが効果的?アロマの配合レシピもご紹介!

室内に蜘蛛を見つけたら退治する必要がありますが、小さな子供が...

大学の就活の面接で尊敬する人物はこう答えれば問題なし!

大学の就活の面接で良く聞かれるのが「尊敬する人物」ではないで...

窓用エアコンは雨の日の使用はNG?その理由を教えます!

窓用エアコンが人気といいますが、雨の日には使わない方がいいと...

バイクのチェーンが伸びるとどうなる?交換の目安もご紹介します

走行距離が長くなったり、ハードな運転をするとバイクのチェーン...

トマトアレルギー!?トマトの離乳食を嘔吐した原因と対処法

赤ちゃんに初めてトマトを離乳食であげたとき、嘔吐してしまった...

猫の鼻水の吸引の方法とは?猫の鼻水の対処方法についてご紹介

猫の鼻水を吸引するにはいったいどんな方法があるのでしょうか?...

メダカの水槽に入れてる水草が腐る原因やお勧めの水草

メダカの水槽に入れている水草が溶けたように腐る原因は何でしょ...

アボカドの栽培で実ができるまで何年かかる?そのコツをご紹介!

森のバターと呼ばれている「アボカド」。実際に栽培してみたいと...

耳に感じる違和感は病気が原因?時々であっても要注意!

耳にいつもじゃないけど時々違和感を感じる・・・そんな場合、ど...

ボルタレンやロキソニンを親知らずを抜歯したら処方される

親知らずを抜歯後に処方される薬としてボルタレンとロキソニンが...

ハーブのシャンプーの作り方とは?体に優しいハーブシャンプー

なんだか普通のシャンプーだと汚れが落ちていないような・・・?...

子猫の保護。衰弱しているときの対処法と先天的な病気教えます

たまたま衰弱した子猫を発見!そんなときはどうしたらいいの? ...

アルブミンの低下した犬の病気の原因と治療法について

アルブミンが低下する犬の病気とはどのような症状なのでしょうか...

スポンサーリンク


赤ちゃんの歯に茶渋!?子供の歯の色について

歯が黄色いのは心配無用

歯の色というのは象牙質の色です。象牙質というのは、歯の主材料です。それが表面のエナメル質から透けて見えているのです。

モンゴロイド(黄色人種)の象牙質は生まれつきクリームイエローですから、歯が黄色っぽく見える、というのは当然。

まっ白な歯こそ不自然です。松崎しげるさんのお顔を思い浮かべてみてください。不自然ですよね(悪口ではありません。あれはあれでかっこいいから)。たぶんホワイトニング。でなければ、こんがりタンニング(日焼け)した皮膚とのコントラストが生みだす錯覚です。

歯が茶色いのは着色が原因で、すぐもとに戻る

では、茶色い歯はどうなのか。原因は、食べ物や飲み物による着色がほとんどです。たいていはお茶。茶渋です。対策は2つ。

  • 研磨剤入りの歯磨き粉を使う。
  • 歯医者さんでクリーニングしてもらう。

クリーニングのほうが効果が高く、即効性があり、きれいになります。
引用元-子どもの歯の色が黄色い、茶色い、黒い、その原因と対策 | こどもブログ

1歳半の赤ちゃんの歯の茶渋、どうしたらいいの?

歯医者で磨いて汚れを取るって・・・・(ーー;) いくらなんでも1歳6ヶ月のお子様では、まず99%無理ですよ~~~(^^;….

お茶と言う原因がはっきりしているのであれば、さほど心配はいらないと思います。
ただ、乳児の歯の着色の最大の原因は、口の中の乾燥です。
歯に着色する物は食べ物だけとは限りません。
むしろ食べ物の色素よりも圧倒的に口腔乾燥による物が多いと考えて下さい。

本来、口の中は唾液で湿潤状態にあり、常に濡れているのです。従ってよほどの物を食べても着色は起こらない・着いてもすぐに洗い流されるのです。
そういう意味で、鼻の疾患の可能性も考えられないわけではありませんから、耳鼻科等で一度は相談なされるべきでしょう。

さらに水に含まれる微量な鉄分・空気中の成分やガスも着色を起こすことがあります。
この場合は、同じ環境にいる他の家族にも同じように着色がおこりますから 判断ができると思います。
色素の沈着症がある場合、その原因を探るのは本当に難しいのです。

なんらかの投薬・薬剤を服用している場合にも起こることがありますが、それはすぐにわほかるでしょう。また、一部の歯磨き粉にも歯に着色を起こす物もありますが、それも無いと言うことですねぇ~

まっ、現段階ではあまり着色を気にせずに、虫歯予防に注意して下さい。
歯磨き粉を使えるようになれば、かなり着色は改善されるはずです。

ナイス 5
引用元-乳歯の着色について教えてください。1歳半の子供のことなのですが… – Yahoo!知恵袋

赤ちゃんや子供の歯の茶渋を取る方法と予防方法

子どもの乳歯の場合は、歯質的に着色しやすいのだそうです。麦茶だけでなく、いろんな色素が付きやすいのだとか。
付いてしまったステインを取るに、以下のような方法がありました。

  • ガーゼを指に2.3重に巻きつけて、軽くこする(歯磨き粉をつけてみても)
  • ステインクリーナー(メラミンスポンジ等)で優しくこする
  • 食用の重曹でうがいをする(水500mlに小さじ1杯を溶かす)
  • 小児歯科にいく

ガーゼでこする際は、くれぐれも歯ぐきを傷つけないように気をつけましょう。うがいがまだしっかり出来ないので重曹は試していませんが、ステインクリーナーで少し薄くなってきた気がします。

ステインを予防する方法

  • 歯磨きの後は麦茶ではなく水にする
  • 食後にうがいする
  • ゴシゴシ磨かない

食後のうがいや、水を飲むようにすることでステインが付着しないように予防しましょう。
また、硬い歯ブラシで強く歯を磨くと表面が傷ついてデコボコに…すると汚れが付きやすくなるので、柔らかめの歯ブラシで汚れを取り除くようにやさしく磨くことが大切です。

歯医者にいくのが確実!

歯に付着したばかりの色素や汚れは、うがいや歯磨きで取ることができますが、日常的に蓄積したステインは簡単なケアだとなかなか落ちにくくなるみたいです。
歯医者さんに行けば、着色汚れは簡単に落とせるそうです。歯のクリーニングに使用する器具でキレイになるようです。痛いことはないので、歯磨きになれているお子さんなら平気なんだとか。
引用元-子どもの歯に茶色の筋が…色素沈着?取り方は?フッ素で虫歯予防も忘れずに!

子供の歯の茶渋はキレート剤を使って取る事もできる

キレート剤というのは、カルシウムや鉄などの金属を挟みこんで水に溶けやすい形にしてくれる物質です。

茶渋は、重合化するときにカルシウムを介することが分かっているので、そのカルシウムを取り除いてやろうということです。

強力なものとしては、エデト酸塩として表記されるEDTAが代表例。

一応食品添加物としての指定もされていて、口腔内ももちろんOK。

でも、強力なので、有用なミネラルの吸収を妨げてしまします。

あまり飲み込んで欲しくない物質ではある・・・・。

その次に考えられるのは、クエン酸!!

食品添加物の指定のされているし、天然由来の製法がメジャー。

でも、単純に水に溶かすとpH3くらいになるので・・・、それって、歯が溶けるくらいの酸性度

ならば!!

中和されたクエン酸ナトリウムなら、弱アルカリで歯が溶ける心配もないし!キレートの能力もあるし!!食品添加物だし!!!

ということで、我が家では、クエン酸ナトリウムを使っています。

それってどこで手に入れるの?

と思われるかも知れませんが、普通にネットで販売されています。

多分ドラックストアでも売っていると思いますよ。

引用元-お子さまの歯の茶渋ケア~☆☆☆|新米ママの理系的子育て日誌

少し大きな子供には、こんな方法で茶渋を取る事も!

・歯磨き粉を歯を白くする効果が高いものに変えてみる。

いわゆる美白用の歯磨き粉のことですね。
普通の歯ブラシより値が張りますが、使っていくうちに汚れがつきにくくなっていきます。

・重曹を使う

歯磨き粉代わりに食用の重曹を使用してみましょう。

重曹は弱アルカリ性なので虫歯菌が出す酸を中和してくれます。
重曹は、虫歯予防にも最適です。

しかし、研磨効果があまりにも高いのでエナメル質を傷つけないよう優しく磨きましょう。
使いすぎには要注意です!

・塩を使う

茶渋に含まれるタンニンが塩と結びくことできれいになります。
研磨剤など入っていないため、安心して使えます。

家にある塩で茶渋が落ちるとうれしいですね。

引用元-歯が茶色い!そんな茶渋の取り方・方法ッ!こんな裏技知ってます? | 幸せアンテナ.com

毎日の茶渋対策!

・食後にうがいするように口に水を含ませます。

茶渋がこれだけでもつきにくくなります。
これならお子様もすぐできますよね。

・毎日の歯磨きを丁寧に磨く。

いままで適当に終わらせていた歯磨きの仕方を改めてみましょう!

・ホワイトニング用歯磨き粉を毎日使う。

歯磨きは毎日のことですから、簡単に試せるかと思います。

・ガムなどを噛み唾液をでやすくする。

口内に唾液が少ないと歯が着色しやすくなってしまいます。

引用元-歯が茶色い!そんな茶渋の取り方・方法ッ!こんな裏技知ってます? | 幸せアンテナ.com

 - 出産・育児・子育て

ページ
上部へ