疑問やわからないことはすぐにググれ!

ぐぐりますた

節分にやってくる鬼。その怖い存在は子どもの安心感につながる?

   

節分にやってくる鬼。その怖い存在は子どもの安心感につながる?

節分といえば赤や青の怖い鬼が登場して子どもたちが豆を投げつける…というおなじみの場面。

なかには恐ろしさから泣きじゃくる子どももいます。わざわざ子供をおびえさせてどうするの?

実はそこには親の愛を感じる深いわけもあったのです。節分の鬼がどんな役割を果たしているのかちょっとだけ知っておいてください。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

これは病気?目の粘膜にできる白いできものの正体!

気付けば目の粘膜に白いできものがある…。そんな経験はありませ...

太ももの内側に発疹ができる原因と対処法をご紹介します。

発疹が出る場所の特徴として皮膚の柔らかい場所の太ももの内側に...

同性の友達がいない・・・そんな人の特徴について調べてみました

なぜ自分には同性の友達がいないのかと悩んでいませんか? ...

食後にくる腹痛や寒気の原因とは?こんな病気の症状かも?

食後の腹痛や寒気はもしかしたら病気が原因かもしれません!? ...

うさぎにトイレをしつける方法をご紹介!

うさぎにトイレってしつけできるの?って思ったことはありません...

旦那が帰宅後ゲームしながらくつろいで家事をしない…ウチ共働きデス

旦那は帰宅後ソファーでくつろぎながらゲームをしています。 ...

双子の流産の処置はこのようにするのが一般的

病院に行って検査したら双子を妊娠していたなんて経験はありませ...

出産時に入院する時には赤ちゃんのオムツは必要?選び方のポイント

出産する時に入院する時の必要なものとして赤ちゃんのオムツは必...

どれくらい飲ませればいいの!?赤ちゃんのミルクの足し方とは

初めての子育ては、何かと心配になってしまうものですよね。 ...

no image
彼氏の電話の断り方とは?上手に断れば彼氏もなっとく!?

彼氏からの電話・・・疲れているときは正直お断りしたい。 ...

小学校の運動会のかけっこは練習で早くなれる!?走り方について

小学校の運動会のかけっこ・・・足が遅いから苦手という子供も練...

さりげな~く、新しい友達を作るコツ【高校編】

高校に入学して、新しい友達を作ることに、不安を感じる方は多い...

貧血?と感じたら目のまぶたが白いかチェックしてみよう!

めまいやなんだか疲れやすく顔色も悪い、もしかしたら貧血かも・...

ピルを処方してもらう時の方法とピルの効果についてご紹介!

今はたくさんの女性がピルを服用していると思います。使用してい...

韓国と日本をあらゆる角度から比較してみた!

韓国と日本を比較した場合、どんな違いが見えてくるのか興味あり...

部活の顧問が理不尽で横暴な時に考えるべき事

部活の顧問が横暴で理不尽な人格だったら? スポーツや芸...

手荒れがひどい時には…手袋とワセリンの最強コンビでピカピカに!

手荒れがひどい時にはワセリンを塗って綿の手袋をはめるといいっ...

会社の同僚や仕事関係の香典を渡す範囲について

香典を出す時の金額は会社の同僚や仕事関係の取引先だといくらぐ...

髪の毛をショートにして失敗した時のスタイリングのコツ!

長い髪の毛からショートにするってドキドキしますよね。 ...

流産のあと出血が続く日数は?知っておきたい流産後の知識

悲しいことにせっかく授かった命とのお別れである流産。女性にと...

スポンサーリンク


節分の鬼は怖いほど子どもたちの心を豊かに育てる?

子どもに怖がってもらえる鬼の雰囲気を出すためには衣装はものすごく大切です。まだ小さいうちは、普通の福でも鬼のお面さえしていれば泣き叫んでくれて、大人の親でも楽しめる豆まきになりますし泣いて逃げ回る子どもの様子をビデオにとっておくと最高の思い出になりますよね。

でもある程度大きくなってくると「どうせパパでしょ~?」っとからかわれて真面目に豆まきをしてくれなくてなんだかな~って思ってしまいますよね。

鬼の衣装をリアルにして怖い雰囲気を出そうとするなら、やっぱり体にフィットしたいかにも着てます!という感じに見えない衣装を選ぶ必要があります。
引用元-節分で怖い鬼にするための衣装とお面と鬼の演じ方とは | 発掘あるあ~るある

節分で子どもが怖がる鬼というのは、ただ子どもを追い掛け回せばいいというものではありません。

ゆっくり大きく動くのが大事。振り向いたり、逃げる子どものほうに向きを変える時は、ヒュッと俊敏に動くのばポイントです。そして鬼の声はできる限り低音にします。とにかく低音で「うう~~」と唸るように声を出します。

子どもに対して「鬼」とう架空のものを使って脅す行為には賛否両論があると思いますが恐怖心というのは、欲求をコントロールするために必要だといわれています。また、恐怖心を知らずに子ども時代を過ごすと大人になっても欲求をコントロールできない人間になってしまうといわれています。
引用元-節分で怖い鬼にするための衣装とお面と鬼の演じ方とは | 発掘あるあ~るある

節分の鬼を怖いと泣く子ども。成長したら家族の笑い話に

「鬼さん怖い嫌い><」と言って、休みたい休みたいと泣きました。

うちの主人も怖がってるのを我慢させてませ行かせなくてもいいじゃん。
という考えでしたが、私的には質問者様がおっしゃったように【嫌な事から逃げれば済むという事を肯定するようで】この部分にすごく拘ってしまい、なんとかなだめて鬼退治できたらかっこいいよ!などあの手この手で連れて行こうとしました。
しかし最終的には、主人の「小さいときだからこそ許されることってあるだろ?」の一言で休ませました。そうですよね。
なにも大人になって嫌だから仕事に行きたくないって言ってるのとは違います。
子供には逃げようなんて発想はないですし、ただただ純粋に怖くて嫌なだけです。

苦手なことも克服して頑張って成長してもらいたいという親の願いはたしかにあります。納得して頑張って行ってくれるというのが親の自分からして一番満足の行く結果だったのでそれを求めすぎていたのかなとも思いました。
でもあの時休ませたからといって、今現在(小学校高学年)も鬼が怖くて豆まきに参加できないのかといったらそうではありません。逆にそこまで嫌がっていることを無理強いすることのほうがかえって子供の心の成長に悪影響ではないのかと考えてしまいます。
今では昔のこの件は我が家で笑い話になっています。
引用元-幼稚園の節分行事について。年中の豆まきの日から『次の鬼の… – Yahoo!知恵袋

節分の鬼は怖いけどお父さんやお母さんが守ってくれる安心感も

怖い鬼や、化け物が現れると、子どもは悪いことはやめようと思います。同時に、大好きなお父さんお母さんが絶対に守ってくれます。恐怖と安心は、セットでなければなりません。お化け屋敷も、怪談話も同様です。

怖がって言うことを聞くからといって、どんどん使っても良いわけではありません。よく効く薬ほど副作用が強いと考えて用心し、使い方に気をつけなくてはいけません。

子どもがどの程度怖がっているのか、どんなフォローが必要なのかを理解していないと、鬼や化け物を上手に使えません。
引用元-化け物来襲行事は子どもがかわいそうな行事か:叱り方と子育ての心理学(碓井真史) – 個人 – Yahoo!ニュース

怖い思いをすることが、かわいそうなのではありません。海が怖い子もいますし、ジャングルジムが怖い子もいます。しかられるのが怖い子もいます。たしかに、不必要に恐怖心を与えるのはよくありません。大きくなった後も、「化け物」の力によって悪いことをさせないわけにはいきません。

けれども、発達に応じて、怖い存在、困難な目標、守ってくれる存在などを体験していくことは、大切でしょう。そんな体験に乏しい子こそ、かわいそうな子だと思います。

抱きしめてくれる存在も、怖がらせてくれる存在も、勇気を与えてくれる存在も、それぞれが、子どもにとって大切な存在なのです。
引用元-化け物来襲行事は子どもがかわいそうな行事か:叱り方と子育ての心理学(碓井真史) – 個人 – Yahoo!ニュース

節分の豆まき、鬼は怖いだけじゃなく「退治した」体験もさせる

豆まきは家庭によっていろいろやり方があると思いますが、小さな子供のいる家庭では、だれかが鬼役となって子供を驚かせ豆をぶつけさせる・・というパターンがありますよね。

その時、大人は子供を驚かすことばかりを考えがちですが、散々驚かして泣かせて終わらせるのではなく、成功体験として終わらせるのがいいのでは、と個人的には思います。

びっくりして泣いたとしても、豆をぶつけたことで鬼が逃げて行った、という流れを作ってあげることが大事です。

ぶつけてもぶつけても、鬼が怖がらせるようであれば、本当の恐怖へと変わってしまいますよね。

というわけで、鬼役は引き際が肝心です。

そして一旦逃げて行ったら戻らないようにしましょう。

せっかくやっつけたのにまた戻ってきた!というのも、子供にとっては強烈な恐怖になります。
引用元-節分の鬼ってトラウマになる?豆まきで鬼役が注意することとやり方の一例をご紹介

子供って想像力があるので、お父さんが鬼役をしていて、それがお父さんだとなんとなく分かっていても、鬼がお父さんにのり移ったのでは・・とかいろいろ考えちゃいます。

なので、結構大雑把な仮装でも怖かったりするんですよね。

こんなバレバレな鬼だから怖くないだろう・・としつこくやらずに、ある程度豆をぶつけられたら退散しましょう!
引用元-節分の鬼ってトラウマになる?豆まきで鬼役が注意することとやり方の一例をご紹介

節分に怖い鬼が登場する意味と豆で追い出せる理由とは?

「鬼」という字を「おに」と読みますが、「おに」という日本語は「陰(おん)」に由来します。「陰」とは目に見えない気、主として邪気のことをさし、それが「おに」なのです。また、隠れているこわいものとして「隠人(おんにん)」が変化したという説もあり、形の見えない災害、病、飢饉など、人間の想像力を超えた恐ろしい出来事は鬼の仕業と考えられていたのです。

つまり、新しい年(立春)を迎える前日(立春の前日・節分)に、鬼に豆をぶつけて邪気(おに)を払い、福を呼びこもうというわけです。

また、十二支の丑というのも陰陽でいうと陰になり、鬼が住むのは鬼門である丑寅の方角なので、鬼は牛(丑)の角と虎(寅)の牙を持ち、虎の皮のふんどしをしているのです。(※ヒョウ柄ではありませんからお間違えのないように)

引用元-節分の豆まきの由来と作法 【暮らしの歳時記】 All About

大豆は五穀のひとつで穀霊が宿るとされており、米に次いで神事に用いられてきました。米よりも粒が大きく、穀霊で悪霊を祓うのに最適であることや、魔の目(魔目=まめ)に豆をぶつけて魔を滅する(魔滅=まめ)にも通じます。また、昔々、京都鞍馬山に鬼が出たとき、毘沙門天のお告げによって大豆を鬼の目に投げつけて退治したという話もあります。

引用元-節分の豆まきの由来と作法 【暮らしの歳時記】 All About

 - 雑学

ページ
上部へ